知っておこう!「生活リズムが違う人」と付き合うときの注意点とは?

拡大画像を見る


生活リズムが違う人と付き合うときの注意点にはどんなものがあるのか、紹介していきます。
学生の頃は夜型の生活をしていた人が多くても、社会人になると生活リズムは一変しますよね。
しかし仕事が不規則だったり夜勤があったりする場合は、必ずしも規則正しい生活ができるとは限りません。
好きな人と生活リズムが違う、ということもあるでしょう。
ここでは、生活リズムが違う人と付き合うときの注意点を紹介します。生活リズムが合わないことが原因で別れることのないよう、頭に入れておいてくださいね。


生活リズムが違う人と付き合うときの注意点①連絡頻度が少ないのは当たり前だと思う

生活リズムが違う人と付き合うときの注意点には、連絡頻度が少ないのは当たり前だと思うことが挙げられます。
生活リズムが違うということは、お互いに自由に使える時間が違う、ということ。
昼間仕事をしている人なら夜は時間が取れることが多いでしょうが、夜勤の人なら日中のほうが時間が取れるでしょう。
そうなると、LINEをしても返事はなかなか来ないですし、電話をしても繋がらない、なんてことは日常茶飯事に。
あらかじめそのことを理解しておかなければ、すれ違いになってしまうのは目に見えていますね。
連絡頻度が少ないこと、なかなか連絡がつかないことは、生活リズムが違う以上必ず生じることなのです。


生活リズムが違う人と付き合うときの注意点②デートがマンネリ化しがち

生活リズムが違う人と付き合うときの注意点には、デートがマンネリ化しがちなことが挙げられます。
生活リズムが合わないふたりが付き合っていると、どうしてもデートは定番化し、マンネリ化しがち。
たとえば休みの日に会うとき、彼は夜勤明けだったらどうでしょう。午前中から会って遠出する、というのはなかなか難しいですよね。
そうなると夕方から会って食事だけ、もしくはお昼頃からあなたが彼の家に行くなど、デートがマンネリ化しやすくなるのです。
とはいえ、夜勤明けの人に朝から出てこさせるのは現実的ではありません。
生活リズムが違う人と付き合うとデートプランがマンネリ化しやすいので、同じプランでもマンネリ化しないような工夫が必要。
服装や髪型を変えてみたり、食事に行くお店を変えてみるなど、同じプランでもマンネリ化しないように意識していきましょう。


まとめ

生活リズムが違う人と付き合うときの注意点について、お話しました。
生活リズムが違う人と付き合うのは、思っている以上に大変なことも多いです。それでも付き合っていきたいのなら、多少の我慢も必要だと言えるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/2 12:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます