V6三宅健「これから入ってくる子たちは…」新時代のジャニーズを憂う「大仏」の不在!

拡大画像を見る

 11月1日をもって解散することを発表しているV6が6月1日、音楽番組『うたコン』(NHK総合)に出演。6月2日発売の新曲『僕らは まだ』を披露した。

 新曲のテーマが「少年だったあの頃の自分へ」ということで、番組内では「NHKに残るV6の“少年時代”の映像」が紹介された。

 1995年の番組で、デビュー曲『MUSIC FOR THE PEOPLE』を披露する様子のほか、1996年の、岡田准一(40)が読み間違えを連発するVTRも流されると、メンバーは「若いですね」「衝撃映像ですね」と当時を振り返った。

「5月31日放送のラジオ番組では、三宅健(42)がさらに昔の出来事を振り返る場面がありました」(女性誌記者)

 31日放送の『三宅健のラヂオ』(bayfm)では、V6のファンクラブ会報を受け取ったというリスナーからのメッセージを紹介。

 会報には6人が2人組3チームに分かれ、ビリヤードを楽しむ様子が掲載されていたという。そして、三宅と森田剛(42)のチーム名「チーム剛健勉大仏」について、「何が由来なんですか?」という質問が寄せられた。

 これに三宅は「内輪ネタで(笑)」と前置きしつつ「“剛健勉”は、剛は森田剛、健は三宅健、勉は三浦勉ってジュニアの子がいて、この3人を呼ぶときは“剛健勉”って呼んでたんですよね」と振り返った。

 続けて、「なぜ“大仏”がついてるかというと、大仏っていうのはジャニーさんのことなんですよ。ジャニーさんが当時パーマをかけてたんで、その姿が大仏っぽいって話で」と、大仏はジャニー喜多川氏のことだったと明かした。

■「これから入所する子は寂しいし、もったいないな」

 さらに、三宅はジャニー氏について「子どもたちにフランクな人だったからさ。普通はないですよ、社長を捕まえて“大仏”なんて。ひどい子どもたちですよ」とし「でも、そんな大人はいなかったのよ。俺たちみたいに十代の子どもたちとだよ、同じレベルまで下げて話をしてくれてさ、友達みたいな関係性の大人って、この先絶対に出会わないと思う」と語ったのだ。

 そして、「自分がジャニーさんがいた時代にジャニーさんに出会えて、ジャニーさんに選んでもらって、ジャニーさんの思い描くエンターテインメントの世界っていうのを教えてもらったのは、本当に感謝してる」とジャニー氏に感謝を述べる。

 最後には、「これから先さ、くっだらないことを共有したり、笑いあったり、これからジャニーズに入ってくる子たちは、それができないって、寂しいし、もったいないな」と持論を展開し、「だから、ジャニーさんに見出された人たちはとっても貴重な存在だなと僕は思ってるんですよね。すごい人です」と、あらためてジャニー氏をリスペクトしていると語った。

■ジャニー氏に代わりタッキーがJr.育成を担当しているが……

 前出の女性誌記者は言う。

「2019年7月にジャニー氏が亡くなり、現在は滝沢秀明副社長(39)がジャニーズJr.の育成やプロデュースを担当しています。たしかに、滝沢氏が手掛けたSnow ManやSixTONESは、デビュー以来快進撃を続けています。

 彼らもジャニー氏に出会い、その指導、薫陶を受けてきました。ただ、ここ2年でジャニーズ事務所に入所した子たち、そして今後入所する子たちはジャニー氏のエンターテインメントの世界を直接教えてもらうことはできない。

 もちろん、滝沢氏の育成により新たなスターは生まれるかもしれません。ただ、ジャニー氏のようにJr.と友達ような関係性になれないでしょう。三宅は、Jr.から“大仏”と呼ばれ愛されたジャニー氏がいない、今後のジャニーズ事務所、ジャニーズタレントについて憂いているのかもしれませんね」

 Jr.の育成、プロデュースを担当する滝沢氏には、三宅の心配や不安を吹き飛ばせるような、SMAPや嵐に匹敵するような国民的グループを生み出してほしい!

関連リンク

  • 6/2 11:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます