さらば青春の光のYouTubeが芸人内で抜群に評価が高い理由「テレビだけではわからない森田哲也の天才性」

拡大画像を見る

 ほんの数年前までは、芸人がYouTubeをやっていると言ったら、先輩芸人に「二足の草鞋を履くな!YouTubeやるなら芸人やめろ」と叱られる時代だった。しかし現在では、ほとんどの芸人がYouTubeを視野に入れて活動をしている。

 そんな芸人YouTuberが乱立している時代に、芸人内から抜群に高い評価を得ているYouTubeちゃんねるがある。それが、「さらば青春の光Official Youtube Channel」だ。

 すでに多くの人が見ていると思われるが、まずは一旦、あらためて同ちゃんねるの企画をいくつかご紹介してみよう。

◯【ドッキリ】相方の愛車レクサスを勝手に金ピカに塗ってみた
テレビ番組で紹介された際、かまいたち山内に絶賛された動画。圧倒的インパクトや真似をしたくなる企画性の高さが評価され、天才かまいたちをして、未だこれを超える企画を作り出せていないと言わしめた。

◯【自腹企画最大のピンチ】配信アプリでゲーム実況!!視聴者に見つかったら自腹1万円!!(プロモーション企画)
全芸人のプロモーション動画史上、一番おもしろいかもしれない動画。マイナーな配信アプリで20分ゲーム実況を行い、さらば青春の光を発見した視聴者全員に1万円をプレゼントする企画だが、秒速で見つかり続け、プロモーションどころではなくなる。

◯ハズレ映画を引くと、2時間無駄地獄ゲーム!!
映画のあらすじだけを聞いて、自分が視聴する映画を決める企画。しかし5本中4本が、伝説級の超低評価映画。視聴後、超低評価映画が、超低評価である由縁を暴露。

そのほかにも、「GPSでガチ追跡!東袋の謎のプライベートを暴く!!」「東ブクロの口座に適当な名義で毎月振込!身に覚えのない金を果たしてブクロは受け取るのか!?」など、タイトルを聞いただけで視聴したくなるような、超優良企画ばかりである。

芸人が、同業者のYouTubeちゃんねるを評価する基準はざっくりと以下3つ。そして、さらばのYouTubeの評価が高いのは、この全てが抜きん出ているからである。

①企画力
おもしろい、良い企画かどうか。
ちなみに芸人間でいわれる「良い企画」とは、プロの芸人・一般人を問わず「人を選ばず誰がやってもおもしろい」という企画が「良い企画」とされる。

②表現力
芸人の、トーク力やリアクション力。F1で例えると、
「企画 = レーシングカー」で、
「芸人 = その車体の、ベストタイムを出すために乗車するレーサー」。
どれだけその企画の、MAXのおもしろさを出せているかなどが評価される。

③オリジナル性
企画自体や、企画に対する芸人の視点に、独自の切り口があるか。

 さらにこの3つの評価ポイントに加えて、彼らの企画には、もう一つ共通点がある。

 それが、「ドキュメント性」だ。

 以前、ダウンタウンの松本人志も、自身が企画を作る際に意識する項目として挙げていたものである。台本ベースに進行して、ある程度着地が見えている企画ではなく、そのほとんどが「現場で企画をスタートしてみないと、どうなるか分からない」という企画なのだ。

 例えば上述の「【ドッキリ】相方の愛車レクサスを勝手に金ピカに塗ってみた」だと、相方・東ブクロがゴルフロケをしている間に駐車場に停めている車を金色に塗らねばならぬため、東ブクロの不規則な動きで見つかりそうになったり、ゴルフ場で用意していた金のスプレー缶が足りなくなったりと様々な不測自体が起こる。

 その都度、アドリブで現場を乗り越えていくわけだが、動画を通してその現場の臨場感・緊張感が伝わり、1秒後何がどうなるか分からない、不測のおもしろさがあるのである。

 これはひとえに、ボケ:森田哲也の天才性によるものといえる。これらの企画・構成・演出全てを、森田が中心となって行っているのだ。

 通常、企画・構成は放送作家が中心となりがちだが、森田自身が企画立案をする事で、一番自分たちのカラーが出る企画を考える事ができる。自分たちが一番おもしろいと思う事を、ブレずに、よりハイレベルで、より高い純度で提供する事ができるのだ。

 先程のF1の例で言うと、一番自分がスピードを出しやすい車に、自ら車を改造できるようなものである。

 実は芸人でも、このレベルで、企画と演者の両方を兼務できる者は稀である。この森田の企画力の高さが、同ちゃんねるを芸人界随一のYouTubeに仕立てているといっても過言ではない。

 芸人としても、漫才・コント・トークと、オールジャンルで評価の高いさらば青春の光。これからも、彼らがどのような笑いを作っていくのか。是非、同ちゃんねるにて、ご視聴頂きたい。

【※文中はすべて敬称略にしています】

  • 6/1 20:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • この記者YouTube見てねーのか? 同じような企画 有名YouTuberがやってるじゃん。 出演してるのが生粋のYouTuberか 芸能人かで視聴する人に片寄りはあるから 前から同じ企画をやってるって知らないんだろうけどなw ライターのくせにwww

  • ヤン中佐

    6/3 7:58

    車を勝手に塗装とか“器物損壊”じゃねえか。どこが天才的なんだろう迷惑系YouTuberそのもの。

記事の無断転載を禁じます