ロナウドのローマ移籍噂にカッサーノが反論「レアルでモウリーニョと良い関係を築けなかった」

拡大画像を見る

クリスティアーノ・ロナウドのユヴェントス退団の噂が加熱する中、イタリアでは同選手の移籍先としてASローマの名が急浮上している。

しかし、この話題にはまたしてもあのご意見番が噛みついた。引退後、頻繁にロナウドを叩く元イタリア代表のアントニオ・カッサーノはイタリアの討論番組「Bobo TV」で、この噂について不快感を露わにし、ここ最近ローマに就任したジョゼ・モウリーニョの名をあげて、次のように述べた。

「ロナウドがローマに?それはナンセンスだ。モウリーニョはレアル・マドリーで彼と良い関係を築けなかった」

カッサーノはこれに加えて、モウリーニョのローマ就任にも疑問を投げかけた。

「彼がローマに行くことができたのはどうしてだと思う?共通のエージェントがいるかどうかはわからないが、スポーツディレクターがポルトガル人ということもあるかもしれないけど、彼がローマに行くのはどうなんだろうね?」

関連リンク

  • 6/1 16:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます