ペップがアグエロにかけた最後の言葉「君は世界最高のクラブに行くんだ」

拡大画像を見る

セルヒオ・アグエロもペップ・グアルディオラも、数日前には(アグエロの)将来がどうなるかを知っていた。
31日(月)、同選手の契約が正式に決定し、新ストライカーは発表会のスピーチでバルサに過去を持つマンチェスター・シティの監督についてコメントしている。

アグエロはシティを去る際、グアルディオラが自身へ最後にかけてくれた言葉を明かした。

「グアルディオラが僕に言った最後の言葉は、“君は世界最高のクラブに行くんだ”だったよ」

また、アルゼンチン人ストライカーは恩師へ感謝のメッセージを残した。
「ペップが監督として優れていることは皆知っている。僕だけでなく、彼がシティに来てからは、これまでとは違うサッカーを提案してきた。ストライカーが多くのチャンスをものにすることは重要なことだ。彼は常にボールをキープすることを提案し、それがとても重要だった。私だけでなく、チーム全体を向上させてくれた」

さらに、同指揮官がカンプノウに戻ってくる可能性についても触れたアグエロだったが「僕には権利のない決定だ。常に契約を尊重しなければならないし、ペップはシティであと2年を過ごすだろう」と否定的な見解を示したのだった。

関連リンク

  • 6/1 11:49
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます