【カルディ】これ全部リピ買い決定!新発売のタイ食材がどれもおいしすぎるよ~!!タイ料理好きさんは絶対チェックして

拡大画像を見る

さまざまな輸入食材を扱うカルディでは、現在タイフェアを実施中。そこで今回は、新発売の商品をチェック! 簡単に作れておいしいタイ食材を4つ紹介します。

フライパンなしで完成!「混ぜるだけタイ風えびチャーハン」


「混ぜるだけタイ風えびチャーハン(カオパットクン)」(298円)は、タイ風のチャーハンを作れる具材入り合わせ調味料。

こちらはなんと、フライパンいらずでチャーハンができるというから驚きです。


レトルトパウチに入った調味料の中には、たっぷりの桜えびとパクチーが入っています。

作り方は簡単で、まずは炊飯器で炊いたご飯の中に、溶き卵を入れて蒸らします。続いて本品を混ぜ合わせ、再び蒸らしたら完成です。

分量は、ご飯2合に対し、卵1個。炊飯器を開けると、異国情緒の香りが漂いました。


桜えびとパクチー、ナンプラーのアジアンな風味と旨味が合わさって、タイ料理好きにはたまりません!

それほどクセは強くないので、もっと本格的にしたい人は、パクチーやハーブ、レモンなどをトッピングしても◎。炊飯器だけで作れるので、これからの暑い時期に火を使わない料理をしたいときのアイテムとしても活躍してくれそうです。

まさにタイ料理屋さんで食べる味!「ヤムウンセンのたれ」


「ヤムウンセンのたれ」(267円)は、魚醤や砂糖、醸造酢などが入ったドレッシング。茹でた春雨とエビ、ひき肉、玉ねぎなどと和えると、ヤムウンセン(タイ風春雨サラダ)を作れます。


筆者はパクチーと砕いたアーモンドもトッピングしてみました。

ひと口食べると、タイ料理屋さんで食べるヤムウンセンの味でビックリ!


酸味がききながらも、甘辛さと旨味が凝縮されたタレが具材とよくからんでいます。タレの中にはライム果汁も入っているので、付け合わせにライムを用意しなくても十分さっぱりと食べられました。

200ml入りなので、具材を用意すれば何度でも作れるのがうれしいですね。自分が料理上手になったかと思うほど、本格的なヤムウンセンを楽しめます。

たれも唐揚げ粉も入っているから失敗知らず!「タイ唐揚げの素」


がっつりとお肉を楽しみたい人におすすめなのが「タイ唐揚げの素」(192円)。トムヤム風の下味たれと、唐揚げ粉がセットになっています。


ひと口大にカットした鶏もも肉を下味たれに漬け込んだら、唐揚げ粉をつけて揚げるだけ。

いつも以上にキレイなきつね色になり、食べる前から感動! 唐揚げ初心者でも上手に揚げることができました。


サクッ、カリッとした食感のあとに、魚醤とレモングラスがきいた本格的なトムヤムの味が押し寄せてきました。

下味たれには唐辛子やバジルなどのスパイスが入っていて、お肉の旨味を引き立ててくれます。酸味はありますが、酸っぱすぎるというほどではありません。1つ、また1つと箸が止まりませんでした。

残ったぶんは翌日に食べましたが、サクサク、カリカリの食感が残っていました。冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめです。

カレー好きも麺好きも大満足!「麺にかけるだけスープ カオソーイ」


タイ北部で広く食べられている麺料理のひとつ、「カオソーイ」。ココナッツミルクを加えたカレースープに、揚げた麺とゆでた麺が入っています(地方やお店によっていろいろなバリエーションがあります)。

自宅で作るのは難しそうなメニューですが、レトルトスープの「麺にかけるだけスープ カオソーイ(タイ風カレースープ)」(198円)を使えば、簡単に作れてしまいます。


好みの麺に温めた本商品をかけるだけでカオソーイが完成します。本場のカオソーイには揚げた卵麺を使いますが、筆者はやきそばのゆで麺を使ってみました。


スープの中には細切りのタケノコもたっぷりと入っています。マイルドなココナッツミルクとピリリとしたカレー粉の辛さがいいバランス。

スープと麺がしっかりからんでいるので、最初から最後まで濃厚な味わいを楽しめました。

タケノコのザクザクとした食感もいいアクセント。スーパーで買ってきた普通のやきそばの麺が、一気にタイ風になりました。カオソーイは初めて食べましたが、これはクセになりそう。次はかた焼きそばの麺もトッピングしてみたいと思います。

今回紹介した4品はどれも本当においしくて、タイ料理好きの筆者は、すでに全部リピ買いする勢いで気に入ってしまいました。この夏は、あなたもカルディのタイ食材で、タイに行った気分を味わってみませんか?

(ライター/富士みやこ)

関連リンク

  • 6/1 10:10
  • リビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます