映画史上に残る名作!『ニュー・シネマ・パラダイス』のあらすじを解説【ネタバレあり】

拡大画像を見る

『ニュー・シネマ・パラダイス』は、1989年に公開されたイタリア・フランス合作の映画です。イタリアの小さな村にある映画館を舞台に、とある少年と映写技師の友情が描かれます。今回の記事では、本作品のあらすじをネタバレありで紹介。作品の予習や復習にぜひ読んでみてください!

『ニュー・シネマ・パラダイス』ってどんな映画?

ニュー・シネマ・パラダイス

ニュー・シネマ・パラダイス

1989年/イタリア フランス/123分

作品情報 / レビューはこちら

『ニュー・シネマ・パラダイス』は、映画好きの少年・トトと映写技師・アルフレードのあたたかな交流を描く物語。“映画の持つ力”を感じさせる名作で、初公開から時が経った今でも愛され続けています。

「第42回カンヌ国際映画祭」の特別グランプリ、「第47回ゴールデングローブ賞」の最優秀外国語映画賞など、数々の栄誉を与えられた作品です!

作品情報

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
公開年:1989年
上映時間:123分
製作国:イタリア・フランス合作

『ニュー・シネマ・パラダイス』の主要登場人物/キャストを紹介!

ニュー・シネマ・パラダイス

https://m.media-amazon.com/images/I/71pKVSAoytL._AC_UL320_.jpg

出典元:Amazon

アルフレード/役:フィリップ・ノワレ

アルフレードは、ジャンカルド村の映画館で働く映写技師です。映写室に忍び込んでくるトトをいつも追い払いながらも、次第に彼に対し友情を感じるようになります。

アルフレード役を演じたのは、フランス出身の俳優であるフィリップ・ノワレ。デビュー当初は舞台を中心に活動していましたが、その後映画にも出演するようになります。本作で、1990年の「英国アカデミー賞」の主演男優賞を受賞しました。

トト(少年時代のサルヴァトーレ)/役:サルヴァトーレ・カシオ

トトは映画が大好きな少年。映画館の映写室にこっそり忍び込んだり、勝手にフィルムをコレクションしたりと、映画に対する並々ならぬ熱意と行動力を持っています。

トト役は、イタリアの元子役サルヴァトーレ・カシオが演じました。彼は本作で見事な演技をみせ、大きな話題を集めましたが、その後俳優を引退しています。現在は、故郷のシチリア島でレストラン兼ホテルを経営しているようです。

『ニュー・シネマ・パラダイス』のあらすじをネタバレ解説

ニュー・シネマ・パラダイス

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51cAmfs9-oL._AC_.jpg

出典元:Amazon

とある訃報によって蘇る思い出

ある日、ローマに住んでいるサルヴァトーレのもとに、彼の古い友人であるアルフレードが亡くなったという知らせが届きました。彼はその懐かしい名を聞いた途端、故郷・ジャンカルド村で過ごした日々のことを思い出します。

時はさかのぼって、第二次世界大戦直後。トトという愛称で親しまれていた少年期のサルヴァトーレは、父親のロシア出征以来、母親とまだ小さな妹と一緒に暮らしていました。映画が大好きだったトトの唯一の楽しみは、村にある映画館・パラダイス座に足を運んでは、勝手に映画を覗き見することです。

トトはパラダイス座の映写室にもしょっちゅう忍び込んでいました。そこにいつもいたのが、映写技師として働いていたアルフレード。彼はトトを毎回部屋から追い出しましたが、検閲でカットされたキスシーンのフィルムが欲しいというトトのお願いに対し、いつかあげる日のために管理しておくと言ってくれる優しさもありました。

トトとアルフレードの間に芽生えた友情

トトは、アルフレードから何度追い出されても映写室に通い続けました。そんな姿を見て、アルフレードも少しずつ態度を和らげていきます。トトが買い物用に渡されたお金で映画を観てしまい、母親にひどく叱られたとき、味方になってくれたのもアルフレードでした。

そんな中、トトがひそかに集めていたフィルムのせいで、彼の自宅でボヤ騒ぎが発生。母親は二度とパラダイス座に行かないようトトを叱りつけますが、もちろん彼の映画に対する愛は止められません。

それまで通り、母親にばれないように映写室に遊びにやってくるトト。彼はいつしか、アルフレードから映写機の使い方を教わるようにもなります。

そんなあるとき事件が……。

トトが映写機の使い方を覚え始めた頃、パラダイス座でとある事件が起きます。映画の上映中、熱を持ったフィルムが発火し、大火災になってしまったのです。トトは映写室に取り残されたアルフレードを助け出しますが、アルフレードは火傷を負って視力を失ってしまいます。

突然の火事によって全焼してしまったパラダイス座。しかしそんな折、サッカーくじで大金を手に入れた1人の男性が、映画館の再建に乗り出しました。「ニュー・シネマ・パラダイス」と名付けられたこの映画館で、トトはアルフレードの代わりに映写技師として働きはじめます。

青年になったトトの恋

やがて立派な青年に成長したトトは、高校に通いながら映写技師の仕事もしていました。彼は8ミリカメラを使って、自分で映像を撮るようにもなります。

そんなあるとき、トトと同じ高校に銀行家の娘・エレナが転入。彼女の美しさに一目惚れし、あれこれとアプローチをするトトですが、なかなかうまくいきません。しかし、トトがあきらめずに何度もアタックを続けた努力が実り、2人はめでたく恋人同士になることに。

以来、幸福な日々を満喫していた2人でしたが、エレナの父親はトトを娘の恋人として認めようとしませんでした。そのせいでエレナは、村から遠く離れたパレルモに引っ越すことに。さらにトトが徴兵されたということもあって、2人の関係は自然と終わりを迎えてしまいます。

物語は感動のラストへ

やがて軍隊での任務を全うし、村に帰ってきたトト。映画館ではすでに別の映写技師が働いていたため、トトは居場所を無くしてしまいます。そんなようすを見かねたアルフレードは、トトに故郷から離れてローマへ行くことを勧めました。

旅立ちの日、アルフレードはトトに対し、村にはしばらく帰ってこないようアドバイスします。トトはこのときの彼の言葉を守り、その後30年以上、故郷の土を踏むことはありませんでした。

今や映画監督として名を知られるようになった、トトことサルヴァトーレ。彼はアルフレードの葬儀のために帰郷し、この古い友人が自分のために残した形見を受けとります。なんとそれは、幼かったトトがアルフレードにほしいとねだった、キスシーンのフィルムをつなぎ合わせたものだったのです。

トトは、アルフレードが自分との約束を大切にしていてくれたことを知り、静かに涙を流すのでした。

『ニュー・シネマ・パラダイス』の評価は?

ニュー・シネマ・パラダイス

https://occ-0-993-988.1.nflxso.net/dnm/api/v6/X194eJsgWBDE2aQbaNdmCXGUP-Y/AAAABeWsqpVci5r3Sa0W9nkjFcIGizDdgrb-djFSqaFYGphGYe0WgWb1eAhUODlS-G4YUzyBZjo1dTT98yw0AvQns3VotaM.jpg?r=49a

出典元:NETFLIX

Filmarks:★4.1/5.0
映画.com:★4.1/5.0
Amazon:★4.5/5.0
IMDb:★8.5/10.0

・総評
『ニュー・シネマ・パラダイス』は、上に挙げたいずれのサイトでも8~9割という高評価を受けています。長年愛されてきた名作として、ふさわしい結果だといえるでしょう。今まで観たことがなかった人も、これを機会に視聴してみてくださいね!

『ニュー・シネマ・パラダイス』の視聴方法は?

『ニュー・シネマ・パラダイス』は、U-NEXT、Amazonプライム・ビデオ、Netflixをはじめとした動画配信サービスで視聴することができます。サービスによっては無料のお試し期間が設けられている場合もあるので、それぞれの情報を要チェック。

また、DVDも発売されているため、作品を手元に残しておきたいという人は、ぜひ購入してみてください。もちろんレンタルにも対応済みです!

映画好き必見の名作!映画『ニュー・シネマ・パラダイス』

言わずと知れた名作映画『ニュー・シネマ・パラダイス』。映画に対する敬意と愛情で溢れた本作は、多くの映画好きの心を揺さぶってきました。トトとアルフレードの年齢を超えた友情に、思わずホロリときてしまう人も少なくないはずです。

今回は物語の展開をネタバレしてきましたが、それを知るだけでは作品の魅力は理解しきれないもの。実際に本編を観て、作品の雰囲気や細かなニュアンスも堪能してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

  • 5/31 11:30
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます