【ペッパーランチ】総重量800g超えのテイクアウト! 肉だらけの「ガッツリ肉盛りプレート」は新たなスタンダードとなるか!?

拡大画像を見る

かつてないほどにテイクアウト&デリバリー向け新メニュー戦線が盛り上がりを見せる中、「ペッパーランチ」から肉好きを狂喜乱舞させる1品が誕生した。

2~3人前、合計600gの肉を詰め合わせた「ガッツリ肉盛りプレート」である。

ペッパーランチといえば、筆者が想像するのは「フードコートの昼食」で、大人数向けのイメージはない。どんなものか、さっそくテイクアウトしてみた。

・「ガッツリ肉盛りプレート」(税込2980円)

セット内容は「ワイルドジューシーステーキ200g+カットステーキ100g+ハンバーグ300g+目玉焼き2個+付け合わせ野菜」となっている。

肉は計600gのはずだが、野菜などを合計した総重量は850g超え!

まずはメインのワイルドジューシーステーキ200g。

そしてカットステーキ100g。合計300gの牛肉だ!

ハンバーグは2個で合計300g、それぞれ目玉焼きがのっている。

・味はいつものペッパーランチ

味は安心の、いつものペッパーランチ。ただしテイクアウト用に、中までしっかりと火が通っている。店頭で鉄板をジュージュー鳴らしながら出されるようなレア感はなく、ベリーウェルダンだ。

ハンバーグは「つなぎ」でごまかさない、ゴロッと肉々しい生地に、たっぷりの粗挽きブラックペッパー。スパイシーな味わいで、たぶんソースなしでも十分に食べられる。

筆者はフワフワよりもゴロゴロのワイルドなハンバーグが好みなので、非常に美味しい。「いきなり!ステーキ」のハンバーグによく似ている。いや「いきなり!」がペッパーランチに似ているというべきか。

100gのカットステーキは、かなり小さく細切れにされている。そのぶんスジがなく、簡単にかみ切れる軟らかさ。ファストフードの肉は硬い、という思い込みを裏切る食感だ。

一方のワイルドジューシーステーキは食べ応えのある大きめカットで、がっつり肉を食べている感じがする。

容器に入ったハンバーグソースのほか、おなじみの「甘口」「辛口」2種類のステーキソースを選べる。

ただし筆者のおすすめは、わさび醤油! 「いきなり!」ではおなじみだが、自宅で食べるからこそ、好きな調味料でアレンジできる。自分好みのステーキソースを用意するのもいいぞ。

コーンなどの野菜つきなのもGOOD。ほんのり甘い、にんじんグラッセが美味しかった。

以上、合計600gの肉祭り。

通常「アンガスビーフ ワイルドジューシーカットステーキ」は200gで1240円。ハンバーグは150gで860円なので、ステーキとハンバーグ2枚だけで2960円となる。そこに細切れカットステーキが100gついている計算なので、単品でテイクアウトするよりもお得になっている。

2~3人前を想定しているようだが、シンプルなステーキ肉というのはどんどん胃に入るし、ファミリーだと足りないかもしれない。「ガーリックライス」(2人前 / 320g)税込400円を追加するのがよさそう。

ただ、税込2980円という価格は、外食でも結構なものが食べられるし、もし自分で焼くなら相当よい肉を買えることを考えると、ちょっと躊躇(ちゅうちょ)してしまう金額ではある。

同店最大の特徴である「約300℃に加熱された鉄皿でお客様自身が豪快にステーキ肉を焼き上げるスタイル」(公式サイトより)が発揮されないのも痛い。「熱々の鉄板で加熱した、焼きたての肉」という付加価値をつけられない。

作り手側の手間や材料費が変わるわけではないので難しいが、味は十分に美味しいので、コスパについては「もう一声!」というところ。

・事前に確認してからお出かけを

販売は一部店舗を除く全国のペッパーランチで。テイクアウト限定メニューなので、公式ホームページで検索できる「テイクアウト対応」店舗が対象だ。

ただし店舗によってはランチタイムなど混雑時間帯には対応していなかったり、電話予約が望ましいなど、取り扱いが異なるようなので留意いただきたい。

筆者の最寄り店では提供開始日が異なっていたほか、「混雑時には対応不可」とのことだった。事前に確認してから出かけることをおすすめしたい。

参考リンク:ペッパーランチ公式サイト、PR TIMES
執筆:冨樫さや
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 5/31 15:30
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます