アルバはアトレティコ、ブスケツがバイエルン、グリーズマンはPSGへ?

拡大画像を見る

数週間前から「メルカート」は始まっており、再び革命を起こそうとしているFCバルセロナに関連する名前が次々と浮上し、この夏、かなりの数の選手を売る(あるいは売ろうとする)可能性がある。

そんな中、『Diario As』は、アトレティコ・マドリーがジョルディ・アルバに興味を持っていると報じている。チョロことディエゴ・シメオネは、左サイドバックを探していて、(ロディは彼を納得させられず、エルモソは埋め合わせ)、ロスピタレットの選手はアルゼンチン人の好みに合うだろう。

それだけでなく同紙は、FCバルセロナがセルヒオ・ブスケツを構想外としてバイエルン・ミュンヘンに移籍させる可能性があるとも報じている。これはクラブが彼の年俸を支払えない場合にのみ理解できるオプションといえる。

セルジ・ロベルトにはフランスサッカー界からいくつかのオファーがあり、アントワーヌ・グリーズマンには、キリアン・エムバペやネイマールと一緒にプレーするためにパリに行く準備をしているという話も出ている。今季の大半を怪我で棒に振ったフィリペ・コウチーニョは、最高のサッカーをしていたリヴァプールに復帰する可能性が浮上している。

現段階でこれらのオプションはすべて可能性に過ぎないが、いずれにしても彼らはクラブの放出可能リストに載っている名前であり、恐らくオファーがないわけではないだろう。

関連リンク

  • 5/31 8:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます