話題のゾンビ・アクション!Netflix『アーミー・オブ・ザ・デッド』キャスト情報まとめ

拡大画像を見る

5月21日にNetflixで世界配信され、前日譚となる2作品のリリースも控えているゾンビアクション映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』。本作の魅力の一つともいえるのが、多様性と個性あふれるキャストたち。当記事では、『アーミー・オブ・ザ・デッド』に登場するキャスト10人を一挙ご紹介します!

『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2021)

あらすじ

ラスベガス近郊で軍の護衛艦が交通事故に遭い、積み荷からゾンビが放たれてしまう。アメリカ軍は多数の犠牲を出しながらも、ゾンビをラスベガスに封じ込めることに成功する。
スコット・ウォード(デイヴ・バウティスタ)はラスベガスを脱出した一人だったが、今はハンバーガー屋の店員として静かに暮らす日々。そこに、大金持ちのカジノ・オーナー、ブライ・タナカ(真田広之)がやってきて、「ラスベガスの地下の金庫に眠る現金2億ドルを密輸すれば、そのうち5千万ドルを仲間と山分けしていい」と提案する。
スコットが旧友やクセ者たちを集めて傭兵チームを結成する一方で、疎遠になっていた娘のケイト(エラ・パーネル)は、ラスベガスの外にある検疫区域でボランティアとして働いていた。ケイトは友人が中に入ったまま出てこないため、自分もチームに同行したいと志願する。
一攫千金を狙いラスベガスに侵入する彼らだが、より賢い種族「アルファ」が街を支配していることに気付き、愕然とする……。

スコット・ウォード役:デイヴ・バウティスタ

生年月日:1969年1月18日(52歳)
出身地:アメリカ合衆国 バージニア州
主な出演作:『ガーディアンズ・ギャラクシー』

現金2億ドル調達の任務を負った傭兵チームのリーダー、スコット・ウォード役のデイヴ・バウティスタ。

WWEのプロレスラーから俳優に転身したバウティスタだが、今では『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『アベンジャーズ』シリーズのドラックス・ザ・デストロイヤー役で最も知られているだろう。他にも『007 スペクター』や『ブレードランナー2049』など、多くのヒット映画で存在感を放っている。

次回作として2021年秋に公開される『DUNE/デューン 砂の惑星』、『アーミ・オブ・ザ・デッド』のスピンオフ・アニメシリーズ『Army of the Dead: Lost Vegas』、来年公開予定の『Thor: Love and Thunder』などのリリースが控えており、今後も彼の活躍から目が離せない。

ケイト・ウォード役:エラ・パーネル

生年月日:1996年9月17日(24歳)
出身地:イギリス ロンドン
主な出演作:『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

子役として活動していたパーネルは、2010年に『わたしを離さないで』映画デビュー。その後『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(13)、『マレフィセント』(14)などへ出演し、ティム・バートン監督のファンタジー・アドベンチャー『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(14)でブレイクを果たした。バウティスタ同様、スピンオフ『Army of the Dead: Lost Vegas』に出演し、ケイトの声を担当する。

ヴァンデルローエ役:オマリ・ハードウィック

生年月日:1974年1月9日(47歳)
出身地:アメリカ合衆国 ジョージア州 サバンナ
主な出演作:『POWER/パワー』

スコットの盟友ヴァンデルローエ役を演じるのは、オマリ・ハードウィック。アメリカでは、人気クライムドラマ『POWER/パワー』の主人公ジェームズ・“ゴースト”・セントパトリック役として認知されている。

映画作品では『キック・アス』(10)や『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(10)、高い評価を受けた風刺ダークコメディ『ホワイト・ボイス』(18)などに出演。『Army of the Dead: Lost Vegas』にもカムバックする予定だ。

マリア・クルス役:アナ・デ・ラ・レゲラ

生年月日:1977年4月8日(44歳)
出身地:メキシコ ベラクルス州
主な出演作:『ナチョ・リブレ 覆面の神様』

旧友スコットの誘いでチーム入りするマリア・クルス役を演じたのは、アナ・デ・ラ・レゲラ。メキシコ国内のTV・映画でキャリアを積んだ彼女は、映画『ナチョ・リブレ 覆面の神様』でハリウッド・デビューを果たした。

アメリカのTV作品にも数多く出演し、Netflixの人気ドラマ『ナルコス』では準レギュラー、ビリー・ボブ・ソーントン主演のAmazonドラマ『弁護士ビリー・マクブライド』ではレギュラーを務めた。また、オマリ・ハードウィックとは『POWER/パワー』でも共演している。

リリー役:ノラ・アルネゼデール

生年月日: 1989年5月8日(32歳)
出身地:フランス パリ
主な出演作:『幸せはシャンソニア劇場から』

ゾンビで埋め尽くされた街の案内役として雇われた、「コヨーテ」ことリリー役のノラ・アルネゼデール。
母国フランスでは、映画『幸せはシャンソニア劇場から』(08)で注目を集め、彼女が歌った「Loin de Paname」はアカデミー賞オリジナル曲賞にもノミネートされた。
TV作品では『暴走地区-ZOO-』やAmazonオリジナル『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』に出演し、マリア役のアナ・デ・ラ・レグラとは、新ドラマ『Leopard Skin』でも共演している。

ルドウィック・ディーター役:マティアス・シュヴァイクホファー

生年月日: 1981年3月11日(40歳)
出身地:ドイツ アンクラム
主な出演作:『ユー・アー・ウォンテッド』

金庫破りとして雇われた鍵師ディーター役は、ドイツ人俳優のマティアス・シュヴァイクホファー。
ドイツ映画界では『Off Beat』(04)、『Fata Morgana』(07)、『Frau Ella』(13)など数多くの作品に出演し、最近ではAmazonオリジナルシリーズ『ユー・アー・ウォンテッド』(17)で主演を務めた。

彼が演じるディーターを主役にした『アーミー・オブ・ザ・デッド』の前日譚『Army of Thieves』では、主演だけでなく共同製作・監督も務めている。

マイキー・グーズマン役:ラウル・カスティーヨ

生年月日: 1977年8月30日(43歳)
出身地: アメリカ合衆国 テキサス州 マッカレン
主な出演作:『ユニークライフ』

怖いもの知らずのYouTuberマイキー・グーズマン役を演じたのは、ラウル・カスティーヨ。これまでに映画『現地(にいない)特派員』(16)や『結婚まで1%』(17)などに出演し、スーパーヒーロー映画『El Chicano』ではタイトルキャラクターを演じている。
また、HBOドラマ『ルッキング』(14~15)や『運命の7秒』(18) 『ユニークライフ』(17~18) などへも出演。そのほか、劇作家としても活躍している。

チェンバーズ役:サマンサ・ウィン

生年月日:1991年3月29日(30歳)
出身地:カナダ バリー
主な出演作:『マン・オブ・スティール』

傭兵の一人チェンバース役を演じるのは、スタントウーマンから俳優に転身したサマンサ・ウィン。
元々カナダの武術太極拳の競技者であるウィンは、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』(09)、『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(10)など多くの映画でスタントを担当した。

また、DC作品に登場することが多く、『マン・オブ・スティール』(13)、『ワンダーウーマン』(17)、『ジャスティス・リーグ』(17)に小さな役で出演し、人気ドラマ『ARROW/アロー』シーズン7ではベアトリス役を演じている。

マリアンヌ・ピーターズ役:ティグ・ノタロ

生年月日:1971年3月24日(50歳)
出身地:アメリカ合衆国 ミシシッピ州 ジャクソン
主な出演作:『ワン・ミシシッピ ~ママの生きた道、ワタシの生きる道~』 

ヘリの操縦士ピーターズ役を演じたのは、スタンドアップ・コメディアンのティグ・ノタロ。
ノタロはこれまでに、『インスタント・ファミリー 〜本当の家族見つけました〜』(19)、『ルーシー・イン・ザ・スカイ』(19)、シーア初監督作として話題の『ミュージック』(21)などに出演。

また、Amazonオリジナルシリーズ『ワン・ミシシッピ ~ママの生きた道、ワタシの生きる道~』(15~17)では主演、製作総指揮、監督、脚本も手掛け、直近では『スタートレック:ディスカバリー』(19~21)にも出演している。『Army of the Dead: Lost Vegas』にもピーターズ役で復帰する予定。

ブライ・タナカ役:真田広之

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - MARCH 05: Hiroyuki Sanada attends the Los Angeles Season 3 premiere of the HBO drama series "Westworld" at TCL Chinese Theatre on March 05, 2020 in Hollywood, California. (Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic for HBO)

生年月日:1960年10月12日(60歳)
出生地:日本 東京
主な出演作:『HELIX -黒い遺伝子-』

スコットを強盗に勧誘する実業家のブライ・タナカ役を演じるのは、真田広之。
海外で成功した日本人俳優の代表であり、『ラスト サムライ』(03)、『ウルヴァリン: SAMURAI』(13)、『47RONIN』(13)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19) など、ハリウッドのヒット作に数多く出演。2021年6月公開予定の『モータル・コンバット』ではスコーピオン役を演じている。

また映画だけでなく、『LOST』(10)、『HELIX -黒い遺伝子-』(14)、『エクスタント』(14)、『ウエストワールド』(18)などアメリカのドラマにも多数出演し、映画・TVの両方で目覚ましい活躍を遂げている。

『アーミー・オブ・ザ・デッド』はNetflixで独占配信中!

関連リンク

  • 5/30 8:39
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます