チェルシーが9年ぶり2度目のCL制覇! ハフェルツの決勝弾でマンCを撃破

拡大画像を見る

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝が29日に行われ、マンチェスター・Cとチェルシーが対戦した。

 CL初優勝を狙うマンチェスター・Cと2011-2012シーズン以来、9年ぶりの優勝を狙うチェルシーによるイングランド勢対決。両チームが今季対戦するのはこれで4度目で、直近2試合でチェルシーが勝利している。マンチェスター・Cはこの試合に勝てば今季3冠となる。

 なお、当初決勝はイスタンブールのアタテュルク・スタジアムでの開催が予定されていたが、UEFA(欧州サッカー連盟)はトルコがイギリスの渡航レッドリストに含まれているため、ポルトガルサッカー連盟(FPF)とポルトガル当局からの試合開催の申し出を受け、ポルトのホームスタジアムである『エスタディオ・ド・ドラガン』で開催された。

 チェルシーは14分、左サイドから崩し、エリア内でパスを受けたティモ・ヴェルナーが右足でシュート。しかし、GKエデルソンにキャッチされた。マンチェスター・Cは31分、右サイドを突破したカイル・ウォーカーが折り返すと、これにフィル・フォーデンが飛び込むが、わずかに合わせることはできない。

 チェルシーは39分、フォーデンとの空中戦で負傷したチアゴ・シウヴァに代えてアンドレアス・クリステンセンを投入する。すると、チェルシーが試合を動かした。42分、GKエドゥアール・メンディがロングボールを入れると、これを受けたメイソン・マウントがスルーパス。相手最終ラインの裏へ抜けたカイ・ハフェルツがGKエデルソンを交わし、無人のゴールに流し込んだ。

 1点ビハインドで後半へ折り返したマンチェスター・Cは56分、ケヴィン・デ・ブライネがアントニオ・リュディガーからファウルを受け、60分、ピッチを退く。代わりにガブリエウ・ジェズスが投入された。マンチェスター・Cは60分、ラヒーム・スターリングがシュートを放つと、ボールはエリア内のリース・ジェームズの手に当たってVARが介入する。しかしPKは与えられなかった。

 チェルシーは73分に決定機。エンゴロ・カンテが前線でボールを奪い、クリスティアン・プリシッチに渡ると、エリア内に侵入してGKと1対1の局面になる。しかし、シュートはゴール左に外れた。マンチェスター・Cは90分、リヤド・マフレズの折り返しにフォーデンが走りこむが合わせることはできない。

 試合はこのまま終了。チェルシーがハフェルツの決勝弾でマンチェスター・Cを破り、9シーズンぶり2度目となるCL制覇を達成した。マンチェスター・Cは初優勝には届かなかった。

【スコア】
マンチェスター・C 0-1 チェルシー

【得点者】
0-1 42分 カイ・ハフェルツ(チェルシー)

【スターティングメンバー】
■マンチェスター・C(4ー3ー1ー2)
エデルソン;ウォーカー、J・ストーンズ、R・ディアス、ジンチェンコ;ベルナルド・シルヴァ(フェルナンジーニョ)、ギュンドアン、フォーデン;デ・ブライネ(60分 ジェズス);スターリング(77分 アグエロ)、マフレズ
■チェルシー(5ー4ー1)
メンディ;R・ジェームズ、アスピリクエタ、T・シウヴァ(39分 クリステンセン)、リュディガー、チルウェル;ジョルジーニョ、カンテ、ハフェルツ、マウント(80分 コヴァチッチ);ヴェルナー(66分 プリシッチ)

関連リンク

  • 5/30 5:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます