【日本ダービー】ワンダフルタウン高橋義師「この馬の競馬をしてくれれば」/ねぇさんのトレセン密着

拡大画像を見る

 爪に不安があり皐月賞には出走が叶わなかったワンダフルタウン。そこで青葉賞に目標を切り替え、挑みました。

「久しぶりの競馬でしたので、どういう内容の走りをしてくれるかな、と見ていたんですけども。こちらが思った以上に力を出してくれたので本当に良かったと思います」

 青葉賞から中3週。少しの休みを経てから、ダービーへの乗り出しを再開しています。

「(東京競馬場への)輸送もありましたし、久々の競馬でもありましたので、どれくらい疲れが馬に残っているのかを確認しなければいけませんでしたので。その期間に1週間ほど充てまして、馬に問題がないことが馬体も含めてわかりまして、その後また順調に乗り始めたという感じです」

 1週前追い切りは和田竜二騎手を背にしての併せ馬でした。

「前走から期間もそんなに空いておりませんので、そこまでやらなくてもいいかな、と思っていたんですが、うちの厩舎の馬で目標に出来る馬がちょうどいましたので、併せる形になりましたけども。(ジョッキーに)体調、馬の状態を見てもらうのが第一でしたので、いいかたちの1週前追い切りになったかなと思います」

 そして、今週の本追い切りも和田騎手が騎乗してウッドチップコースで行われています。

「先週乗ってもらった後に、当週は馬場で、もし出来れば長めから追い切りたいというようなジョッキーからの要望もありましたので。そのへんは馬の状態次第だったのですが問題なかったので、当週はシッカリ、今日の相手もそれなりの馬でしたので、最終的な状態を見てもらう意味で追い切りを馬場のほうで行わせていただきました。

 前走が休み明けのレースでしたので、第一にどれくらいダメージがあるのかな、というのが気がかりな点ではありましたが、私が今考えているところではあまり感じられないので大丈夫かな、と思います。と同時に、(前走から)1か月弱の競馬でそこまで大きく馬は変わった感じはないですけれども、前走(青葉賞)が5か月ぶりの競馬でしたので、それを考えるといい状態で出せるのかなと思います」

 この馬の持ち味は、追ってから長く脚を使えるところでしょう。

「1戦目からずっと和田騎手に競馬してもらっていますけれども、1戦目を走らせた時から東京のこの距離(芝2400m)といいますか、ダービー向きというか、狙っていけそう、ということは言っていました。

 それが今に繋がって良かったと思います。適性はあるかなと考えています。この馬の競馬をしてくれれば、流れがこの馬に向けば最後までいい脚を使ってくれるんじゃないかなと考えています」

(取材・文=花岡貴子)

関連リンク

  • 5/29 18:50
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます