公園でたくさん遊んだ2歳娘 その後の展開に「共感しかない」の声

拡大画像を見る

物心がつく前の幼い子供は、たくさん遊んで、たっぷり眠るのが仕事といっても過言ではありません。

2歳の娘さんを育てる、もす(mosumanga30)さんは、日中に娘さんと公園へ出かけました。

帰りの車内、遊び疲れた様子でぐっすりと眠っていた娘さん。

もすさんは自宅に到着後、娘さんをそっと布団に寝かせますが…なんとパチリと目を覚まし、「遊ぼう」といってきたのです!

どうやら娘さんは、たった15分で、公園での遊び疲れを回復した様子

その後も、もすさんの予想を次々とくつがえし、夜早く眠ることもなく、遊び続けたそうです。

もすさんは一連の出来事を漫画化し、Instagramに投稿。子供を持つ親たちから共感の声が寄せられました。

・私の子供も、がっつり遊んで自転車で少し寝たら全回復。「こっちは休んでないのに…」ってなりますよね!

・子供の体力は本当にすごいですよね。戦友よ…毎日お疲れさまです!

・共感しかない!持ち上げたり動かしたりしても起きないのに、布団に置いたら目が覚める。不思議です。

しかし、子供の成長は、親が思うよりあっという間に過ぎるもの。親が子供とたくさん遊べるのも、幼いうちだけかもしれません。

もすさんと娘さんの日常に、心が和みますね!

[文・構成/grape編集部]

出典 mosumanga30

関連リンク

  • 5/29 18:53
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます