【海外競馬】米の新鋭種牡馬ラオバンが8歳で急死

 現地時間24日、アメリカのウインスターファームでけい養されている種牡馬ラオバン(Laoban、牡8)が急死したことがわかった。米競馬メディア『Blood Horse』などが25日に報じた。

 ラオバンは父Uncle Mo、母Chattertown、母の父Speightstown。叔父に全日本2歳優駿(JpnI)覇者オーブルチェフがいる血統。

 現役時代は米国のE.ギヨ厩舎に所属。通算成績は9戦1勝で、2016年のジムダンディS(米G2)を制した。

 2017年からシークウェルスタリオンズニューヨークで種牡馬入りし、現3歳の初年度産駒から、アルシバイアディーズS(米G1)覇者シンプリーラヴィッシング、ケンタッキーJCS(米G2)覇者キープミーインマインドといった活躍馬を輩出。昨年の2歳新種牡馬リーディングではナイキストに次ぐ2位。

 今季からウインスターファームでのけい養となり、その矢先の訃報だった。

関連リンク

  • 5/29 14:48
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます