気遣い? 嫌がらせ? ありがた迷惑な夫のやさしさ Vol. 6

夫が積極的に家事を手伝っても、子どもの面倒を見てくれても、どこか中途半端で残念な出来であることが多いのは、どのご家庭でもあるあるなのではないでしょうか?
完璧を求めているわけではなくても、もう少しがんばってほしいと感じるのが妻としての本音ですよね。そんな夫の気遣いにイラッとしたエピソードをご紹介します。

詰め替えの間違い

「よく“名もなき家事”って呼ばれる家事があるじゃないですか? 家族に気付かれないような地味な作業も家事のひとつとしてやっているのに、私がやるのが当然みたいになっているのがストレスで。それを一度夫にぶちまけたことがあるんです。
『そうだったんだ、気付かなくてごめん』と素直に謝ってくれた数日後、夫が洗面所で何かを詰め替えていた。ようやく名もなき家事をやってくれるようになったと感動して後からチェックしにいったら、ハンドソープにボディソープを詰め替えていました。残念すぎますよね……」(パート・36歳)

▽ 名もなき家事に気づけるなんて家事力の高い旦那さまですが、肝心な部分を間違えてしまったようです。詰めが甘いというか天然なのか……。怒るに怒れず、モヤモヤしてしまいますね。

次回もおもしろ&残念エピソードをご紹介します。お楽しみに!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/28 12:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます