河合郁人に続け! ジャニーズ“バラエティ枠”に変化 SixTONES 田中樹が「男版みちょぱ」になる?

拡大画像を見る

 このところ凋落気味にも見えるジャニーズ事務所だが、バラエティ番組に活路を見出すアイドルが増えている。その筆頭株が、A.B.C-Zの河合郁人だ。構成作家はこう語る。

「A.B.C-Zは『ジャニーズで一番売れていないアイドル』とも言われており、CD売り上げもジリ貧で崖っぷちだった。しかし、この1~2年でメンバーの河合郁人が急激にバラエティ番組で露出を増やしています。当初は売れていないことを自虐したキャラクターでいましたが、今はモノマネとトーク力で独自の立ち位置を築きつつある。松本人志にハマっているということも大きいし、今ジャニーズの中で一番テレビで稼いでいるのは河合だともっぱらですよ。“第二の中居正広”まで成長できるかはちょっとわからないけど、実は仕切りも上手いから村上信五くらいの位置にはつけるんじゃないか」

 一方で、河合は売れっ子ながらレギュラー番組はまだそこまで多くない状況だという。レギュラー番組を増やし司会業に上手くシフトしていくことが、今後の課題といえそうだ。

 そんな河合に続けとばかりに、バラエティ番組で存在感を増しつつあるのが、SixTONESの田中樹だ。バラエティ番組制作スタッフはこう語る。

「EXITが大ブレイクして、なかなかブッキングが難しくなってきたところに、ちょうど名前があがるようになってきたのが田中ですね。あのチャラそうな見た目が効いていて、EXITが担っていた“チャラい若者代表”みたいな役どころにハマるんですよね。彼は喋りもできるし、空気も抜群に読めるので、大御所と並ばせても安心感がある。個人的には“男版みちょぱ”だなと思ってます(笑)。あと、同じSixTONESのジェシーもすごい。この間、『霜降りバラエティー』(テレビ朝日系)でせいやと一緒に乳首に洗濯バサミをつけて引っ張りあってた。乳首相撲OKなジャニーズなんて初めて見ましたよ」

 また、違う方向性で露出を増やしているのが、SnowManの阿部亮平だ。前出の構成作家の話。

「今はまたクイズ番組ブームがふつふつと盛り上がっている。とにかくクイズ番組が多く、その中でブレイクしたのが“東大王”の伊沢拓司です。そんな伊沢と同じくらいクイズ番組に呼ばれているのがカズレーザーとSnowManの阿部亮平。阿部は上智大学出身で気象予報士の資格を持っている、“本物”の秀才。高学歴のジャニーズといえば、櫻井翔やKAT-TUNの中丸雄一がいたが、彼らはクイズなんかは全然ダメだった。その点、阿部は本人もクイズが好きだと公言しているし、ちゃんと実力があるから重宝されている」(前出・構成作家)

 田中・ジェシーと阿部の共通点は、共に滝沢秀明のプロデュースでデビューしていることだ。大手芸能事務所関係者は「タッキーの教育の賜物だろう」と語る。

「タッキーは『バラエティ番組は思いっきりやらなくちゃ面白くない』ということをよく言っているらしいですよ。彼自身もお笑いが大好きで、志村けんを尊敬していると公言していたこともある。バラエティ番組で揉まれてきた経験もあるから、アイドルだからってゆるいことをしていると、すぐに出番がなくなることを感覚的にわかっているんだと思う。SnowManがフジテレビで深夜の冠バラエティをやったときは、タッキー直々にプロデューサーと内容の相談をしたとも聞きました」

 タッキーイズムを受け継いだ次世代ジャニーズたちが、バラエティ界を席巻する日もそう遠くないのかもしれない。

  • 5/28 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます