「チーム全体が彼を中心に...」リヨンSDがデパイ起用の苦労を語る

拡大画像を見る

オリンピック・リヨンはすでにメンフィス・デパイに別れを告げ、彼の偉大な後援者であるロナルド・クーマンの去就のようにまだいくつかのディテールをはっきりさせる必要があるが、FCバルセロナが彼の次の行き先のようだ。

かつてのリヨンのレジェンドであり、現在はスポーツディレクターを務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノは、このオランダ人選手との今シーズン以降の契約更新を実現することができなかった。そして、チームの最後の試合の後、同選手について話した。

「メンフィスは自分の時代を持っていた。会長は、彼を引き留めるためにできる限りのことをした。メンフィスは自分のためのチームを望んでいた。これは批判ではない。私は彼と良い関係を築いていた。その一方で、チーム全体が彼を中心に回らなければならず、それはとても難しいことだ。なぜなら誰もが同じように働く気持ちを持たなければならないからだ」と、ジュニーニョは彼を他のスターと比較するために言い始めた。

「メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマール、そしてエムバペという、彼らのためにすべてを尽くさなければならない選手は世界に4人しかいない。チームにこの4人のうちの1人がいれば、チームはその人を中心に回っていくべきである。申し訳ないが、メンフィスはとても素晴らしい選手だと思うが、この4人のレベルには達していない。そして、彼はボールを持っていない時にもっと仕事をする必要があると思う」と付け加えた。

デパイは、セルヒオ・アグエロ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、エリック・ガルシアとともに、FCバルセロナが今夏に獲得する4人のフリー選手の1人となる可能性がある。もし、この取引が確定した場合、デパイは攻撃陣の中で激しいポジション争いをすることになり、バルサのスターティングイレブンに入るために、自分のポジションを獲得しなければならないだろう。

関連リンク

  • 5/28 12:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます