振り返るとトラウマシーンの連続! 青春映画の金字塔『スタンド・バイ・ミー』

 好評を博している金曜ロードショーの視聴者リクエスト企画に、『スタンド・バイ・ミー』(1986)が今夜登場。12歳の少年4人が体験するひと夏の冒険物語は青春映画の金字塔として名高いが、決して甘酸っぱいだけの昔話ではない。そもそも彼らの目的は森の中で死んだ少年の遺体を見つけて英雄になることなのだ。原作は『IT/イット』のホラー小説家スティーヴン・キング。彼があえて非ホラーに挑んだ作品集『恐怖の四季』に収められた一篇で、原題はずばり『THE BODY(死体)』。全編に散りばめられたキング流の毒っ気が、小さな棘(とげ)となって心に残るのが、この作品を「忘れられない1本」にする理由でもある。今回はそんなトラウマ的な名場面を改めて、振り返ってみたい。

●えげつない年齢格差…不良による情け容赦ないカツアゲ

 映画の舞台は1959年の夏、アメリカのオレゴン州の田舎町。冒険の旅に出た少年たちが、運悪くいきなり遭遇するのが素行の悪い不良たち。主人公ゴーディ(ウィル・ウィートン)は、事故死した兄の形見である大事な野球帽を取り上げられ、それをいさめたクリス(リヴァー・フェニックス)は不良集団のリーダー、エース(キーファー・サザーランド)に組み伏せられ、タバコの火で脅される。有無を言わせぬ年長者のカツアゲに、圧倒的な体格差に泣かされた子ども時代の苦い思い出がフラッシュバックするこのシーン。後に『24 ‐TWENTY FOUR‐』で目的のためには暴力も辞さない捜査官を演じるキーファーの原型が観られるかも。

●絶体絶命! 高さ30mの鉄橋を横断中、汽車が迫る!

 次に少年たちを待つ試練が、目もくらむ高さの鉄橋横断だ。しかも、勇気を振り絞って渡り始めた途端、背後に汽車が出現。向こう見ずなエディ(コリー・フェルドマン)も大慌て。少年たちは腰の抜けた臆病者のバーン(ジェリー・オコンネル)を引きずりながら必死に鉄橋上を疾走する。撮影は実際に高さ30mの鉄橋で敢行。綿密な絵コンテを準備し、作り物の橋を歩く子役のアップ、実際の橋の上を走るスタント役者の遠景、汽車との合成映像を巧みに編集でミックス。短い場面だが、たっぷり手間をかけた緊迫の見せ場になっている。

●ゴーディが即興で語る破壊力満点のゲロ話

 物語を書くことが趣味のゴーディが語る「パイ大食い競争の惨劇」は、監督のロブ・ライナーが「原作通りに映像化して良かったのか悩んでしまう」と、つい顔を曇らせるほどの強烈な絵面。もう少し趣味のいい話にした方が良かったかも、と後悔しつつ、カッテージチーズとプルーベリーパイの中身を混ぜた特製ゲロが飛び交う撮影現場はとても楽しかったそうだ。

●森の沼にハマって全身ヒルだらけ! パンツのなかも血だらけ!

 こちらも原作通りのトラウマエピソード。原作者のスティーヴン・キングも川を渡ろうとしてヒルに食われた経験があるそうで、ゴーディがパンツの中を探り、指先が真っ赤に血で染まる場面は、キングの初長編小説を映画化した『キャリー』でヒロインが初潮を迎えるショッキングな瞬間を思わせる。パンツから取り出した巨大ヒルのサイズに観ているこちらも失神しそう。

●「誰も俺のことを知らない場所へ行きたい」——クリスの涙

 夜もふけて、寝ずの番をしていたクリスは、ゴーディに打ち明け話をするうちに、恵まれない家庭に育った自分の境遇がやり切れず、泣き崩れてしまう。普段はクールで大人びたクリスの脆(もろ)い素顔がのぞく、リヴァー・フェニックスの名演が光るエモい場面だ。

 ところが、リヴァーは本番では泣く芝居がうまくできず、ライナー監督は「尊敬する大人が実は嘘つきで、君を裏切ったらどう思うか想像して」と諭した。その結果、リヴァーは素晴らしい芝居を見せたが、カメラが止まっても感情がおさまらず、泣き続けたまま。監督は彼を優しくハグして、キスをしたという。

 本編では号泣シーンの後に、ゴーディが早朝の線路でシカと出会う神秘的な場面が続き、少年たちの「秘密」を共有した思いが観る者の心にいっそう強く焼きつく。

●「お前が死ねばよかった」——ゴーディの孤独

 突然の事故で世を去った兄の葬儀に参列する悪夢の中で、父親から「お前が死ねばよかった」と冷たく拒絶されるゴーディ。ついに発見した少年の死体を前に、肉親の不条理な死と、親に愛されない孤独が蘇り、錯乱して泣き出してしまう。

 撮影の前日、ロブ・ライナー監督はホテルの部屋でひとり、このシーンのせりふを書き上げた。監督自身、少年時代に両親から愛されていないと感じる葛藤に苦しんだ経験があり、せりふを書くうちに自然と涙が流れ落ちたという。

 心の闇を親友のクリスに打ち明け、自分の価値を認めてもらえたゴーディのトラウマは静かにとけてゆく。死体発見の手柄を横取りしようと現れたエースたち不良集団に、銃を発砲するのは原作ではクリスだが、映画はゴーディに変更されている。友達のおかげで自分の強さに気づいた彼は、亡き兄の野球帽を奪ったならず者に、今度こそ一矢報いる。ゴーディを主軸に原作をドラマティックに改変した、技アリな名場面だ。

●親友クリスの死

 だからこそ、映画の終盤に訪れるゴーディとクリスの別れはこのうえなく悲しい。4人の少年たちにとって「心」でもあったクリスは、成長し苦労の末に弁護士になるも、通りがかりにケンカを仲裁しようとして命を落とす。

 「クリスがつい、リヴァーに重なるんだ。彼を思うと悲哀で胸がつまる。この場面を見るのは本当につらい」。後にロブ・ライナー監督は語っている。「リヴァーはまだ少年だが、驚くほど成熟していた。人としての深みと賢さを備えていた。若くして何かを悟っていたから、同時に混乱した子どもだったんだろう」。

 子どもから大人へ。人生の現実に直面する苦みと、過ぎて戻らない童心へのノスタルジーが入り混じる結末に、時代を超えたベン・E・キングの不朽の名曲「スタンド・バイ・ミー」が流れて映画は幕を下ろす。

●原作の結末はもっとホラー

 スティーヴン・キングの原作では、ゴーディは不良たちの報復を受け、さらにゴーディ以外の3人は全員、不慮の死を遂げるほの暗い「ホラー」な結末が用意されていた。映画はキング独特のエグみを、誰もが共感できる子ども時代の古傷に置き換え、情感あふれる娯楽作に作り変えている。原作の『THE BODY(死体)』に自分の過去を投影し、『スタンド・バイ・ミー』と題した成長物語に読みかえたロブ・ライナー監督の功績は大きい。映画監督である父の後を追って芸能界入りした彼にとって、本作は初めて自分の仕事が認められ、その後の方向性を定めた重要な1本でもあるのだという。

 人生において二度とない「大きな変化」を迎える短い夏。どこまでも続く線路を歩く少年たちの姿に永遠の一瞬が輝く。あの頃の自分とまた出会える青春映画の名作。今夜の放送をぜひ、お楽しみに!(文・山崎圭司)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/28 7:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます