浜辺美波、藤井流星の司会っぷりを絶賛「100点! 名司会だったな~」

 浜辺美波と藤井流星(ジャニーズWEST)が27日、都内で行われた『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』の特別先行上映舞台あいさつに出席。浜辺が藤井の司会ぶりを絶賛した。

 本作は、河本ほむら原作、尚村透作画で月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)連載中の漫画『賭ケグルイ』を実写化したドラマ&映画シリーズの劇場版第2弾。前作『映画 賭ケグルイ』で描かれたギャンブルバトル“生徒代表指名選挙”が幕を閉じた直後の物語が、河本監修の完全オリジナルストーリーで描かれる。
 
 浜辺と藤井のほか、イベントには共演の高杉真宙、池田エライザ、森川葵、主題歌を務めたアーティストのmiletも出席した。

 イベントでは、完成披露イベントでゲーム対決に負けた藤井が罰ゲームとして司会に挑戦。藤井は「ちょっと台本めくらせてくださいね」と確認しつつ「はい! ではここから藤井流星が司会進行させていただきます!」とやる気満々。キャスト陣は笑顔を見せながら応援の声をおくった。

 作品について、浜辺は「最初にやったときは、映画第二弾ができると思っていなかったので、続きができる喜びは常に感じています」とにっこり。「『賭ケグルイ』は人に恵まれているので、イベントをやってもすごく楽しくて、元気をもらえてる作品です」と作品への思いを打ち明けた。

 無観客開催で全国に生中継されていた本イベント。藤井は中継のカメラの方向にマイクを向けて「見えてますか!?」など何度も繰り返してあおり、全国の会場を盛り上げた。それを見た浜辺たちは大笑いしながら「さすがですね!」と絶賛。藤井が話し始めても笑いが止まらず、藤井は「ちょっと笑いすぎっすよ」とツッコんでいた。

 今回、シリーズ初出演にして最凶最悪の刺客・視鬼神真玄役を演じる藤井だが、役作りについて「やせた方が怖いと思って、もともと太ってるわけじゃなかったんですけど、初めてファスティングしたんです。きつかった~」と告白。回復食も含め、撮影前の12日間ほど実行したそうで、浜辺は「え~! 知らなかった!」と驚いた。

 時間が押して「巻きで」というカンペが出ることもあったが、藤井は最後まで司会を務めた。イベントが終了に近づくと、キャスト陣が藤井の司会ぶりを採点。森川は「75点くらいじゃない?」高杉は「80点くらい」と回答し、浜辺は「これ高得点だったら次の舞台あいさつの司会もありえるのかな?」と企みながら「私100点でお願いします! 名司会だったなぁ~。大御所かな? と」と笑顔で藤井を絶賛した。池田も「100点で~す!」miletも「100点です!」と満面の笑顔を見せていた。

 『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』は6月1日より全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/27 21:07
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます