DFカバクにレスターが関心? 今冬リヴァプール加入後13試合出場の21歳

拡大画像を見る

 リヴァプールのトルコ代表DFオザン・カバクにレスターが興味を示しているようだ。26日、イギリスメディア『デイリー・ミラー』が報じている。

 現在21歳のカバクは今年の冬にシャルケからリヴァプールに期限付き移籍で加わり、移籍後の公式戦13試合に出場。同選手には1800万ポンド(約25億円)での買い取りオプションが付帯しているものの、レッズ(リヴァプールの愛称)はライプツィヒのU―21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ獲得に近づいているという事情もあり、買い取りは見送られる意向だ。そこに、今シーズン限りでの引退を発表した元ジャマイカ代表DFウェズ・モーガンの穴埋めと選手層拡充を狙うレスターが目を付けた格好となっている。

 所属元であるシャルケの2部降格が決まったこともあり、来シーズンへ移籍が確実視されているカバク。果たして新天地もプレミアリーグのクラブとなるのだろうか。

関連リンク

  • 5/27 18:37
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます