結婚も関係?深田恭子、休止直前に「ミニ丈ボディコン衣装」を着用した裏事情

拡大画像を見る

 5月26日、深田恭子が「適応障害」と診断され、芸能活動を休止することが発表された。深田は、数日前のイベント登壇時から異変があったという。

「所属事務所のホリプロの発表によると、深田は昨年の春頃から体調を崩しがちとなり、今月になって医師から適応障害と診断されたとのこと。これを受け、出演が決まっていた7月期のフジテレビ連続ドラマは降板するそうです。また同日の『東スポWeb』は、深田が登場した24日のイベント時の様子について、声がかすれていたり、試食用のイチゴを落としてしまうなど、疲れているような印象もあったと伝えています」(芸能記者)

 そんな深田といえば4月に行われたスマホゲームの新CM発表会では、出演者の中でただ1人、ミニ丈のボディコン衣装で登場し大きな話題をさらった。だが今回、深田が活動休止を発表したことで、ネットでは「この前、大胆な衣装で舞台に出ていたのが気になった」「そのために無理なダイエットをしていたのかな」などと心配や憶測が飛び交うこととなっている。

 彼女がイベントで大胆衣装を披露した背景には、プライベートが関係している可能性もあるという。

「5月7日発売の『フライデー』によると、深田は現在も、かつて熱愛が報じられた不動産会社会長と付き合っており、結婚も考えてるそう。その一方で彼女の事務所は、結婚後に深田が仕事を控えたり、独立を考える可能性を危惧しているのだとか。そのため、今のうちに主演映画やCMの仕事を入れ、攻めた衣装を着せて話題作りを狙っていたようです。それが今回の活動休止に関係しているかは不明ですが、一部ファンからは『あまり無理をさせないであげてほしい』と心配する声があがっています」(前出・芸能記者)

 10代の頃から女優として第一線を走り続けてきた深田。今はゆっくりと休養し、いつかまた元気な姿を見せてほしいものだ。

関連リンク

  • 5/27 16:30
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます