ブレイクの裏に桑田佳祐が!「三宅裕司×渡辺正行」初夏のドリーム対談〔前半戦〕

拡大画像を見る

 本誌で好評連載中の『コント赤信号 渡辺正行 スター芸人たちの“笑いと涙”』。今回は、三宅裕司さんを対談相手に迎えた特別編をお届けする。三宅さんとリーダーは、明治大学落語研究会の先輩と後輩であり、人気劇団『熱海五郎一座』の座長と座員の関係。2人の出会い、立川志の輔師匠との交流、芸能界での活躍などについて、大いに語ってもらった!

渡辺 初めて会ったのは1974年、僕が(大学)1年生のときの夏合宿でしたよね。

三宅 俺は、その年の春に卒業してて、OBとして初めて参加したんだ。

渡辺 僕ら1年生にとって、三宅さんは“伝説の人”だったから、ドキドキしましたよ(笑)。

三宅 あっ、そうなの?

渡辺 落研には、誰もが大喜利のお手本にするカセットテープがあって、僕たちは何度も聴いて練習してたんですけど、その声は、すべて三宅さん。ホントにうまくて面白いし、お客さんも爆笑してるんですよ。

三宅 あったねえ。

渡辺 たとえば、デートに遅れたときの言い訳とか、そんなお題があって。

三宅 ああ、「ドライヤーだと思ったら、火炎放射器だったんだよ」とか答えたりしてね(笑)。

渡辺 そうそう(笑)。そんな“伝説の人”が、夜中まで笑わせてくれるのがうれしかった。

――三宅さんとリーダーは、明大落研で受け継がれている高座名「紫紺亭志い朝」の4代目と6代目。そして、その間の5代目が立川志の輔師匠である。

渡辺 僕は落研に入るまで、落語のことをまったく知らなかったんですけど、2学年上の志の輔さんの落語を観て、「俺も、こんなふうに人を笑わせたい!」って感動したんですよ。

三宅 志の輔も、そうなんでしょ? たまたま落研に入って、「こういう世界があったんだ」っていう。

渡辺 だって、志の輔さんは三宅さんに憧れてましたからね。

三宅 じゃあ、俺が作ったようなもんなんだ、今の志の輔を(笑)。

渡辺 ワハハハ。そんな3人で、77年から4年くらい、落語を披露する「志い朝の会」を開きましたよね。

三宅 毎年1月15日、上野の講談専門の寄席『本牧亭』でやってたんだよ。

渡辺 1回目は、僕がまだ大学3年生で、三宅さんと志の輔さんは、役者を目指してアルバイト生活。みんな素人だったけど、憧れの先輩たちと一緒に、いろいろなことを考えるのがホントに楽しかったです。

三宅 テレビ番組のタイトルに絡めた大喜利とかも、やったよね。「おまえ、なんだよ。お尻の穴にお味噌なんかつけて……味噌肛門」って。あまりにもくだらないから覚えてるよ(笑)。

■SETのギャグを全部メモって

――三宅さんは、79年に劇団『スーパー・エキセントリック・シアター(SET)』を結成。リーダーが率いる『コント赤信号』は、80年にテレビデビューを果たしている。

三宅 3人の中で、一番最初に売れたのがナベだよね。『花王名人劇場』(関西テレビ)でデビューした後、『笑ってる場合ですよ!』(フジテレビ系)とか、いろいろなネタ番組で、コントを披露するようになって。その頃、ナベがSETの芝居を、たまに観に来てくれたんだけど、俺たちのギャグを全部、メモるんだよ!

渡辺 終了後に楽屋に行って、「今日のギャグは、明日にはテレビで観られます。産地直送ギャグでございます。ありがとうございます」とか言って(笑)。

三宅 どんどん、コントのネタを作っていかなきゃいけない時期だったんだろうけど、差し入れも何も持ってこないんだよ(笑)。

渡辺 そうでしたか(笑)。

三宅 でも、ナベが楽屋に来ると、いつも俺のカバンを持って、後ろからついてきてくれたよな。

渡辺 落研の先輩は、雲の上の存在ですから。

三宅 それを見た劇団員が驚いたんだよ。「売れっ子にカバンを持たせてる座長はすごい!」って。それで、劇団がまとまった(笑)。

渡辺 あっ、産地直送でギャグをもらったけど、僕も貢献してたんですね(笑)。

■YMOの高橋幸宏が「面白いね」と

――その後、三宅さんは平日夜のラジオ番組『ヤングパラダイス』(ニッポン放送)のパーソナリティに抜擢され、大ブレイクを果たす。

渡辺 三宅さんの面白さは十分知ってたから、「三宅さんが、ついに来たー!」って興奮しましたけど、そもそも、どういういきさつだったんですか?

三宅 ニッポン放送のプロデューサーがSETを高く評価してくれたからなんだけど、最初はパーソナリティじゃなくて、83年から『ヤンパラ』の番組内で、「SET劇場」というコントのコーナーをやってたんだよ。そしたら、同じ局の『オールナイトニッポン』を担当してた『YMO』の高橋幸宏さんが打ち合わせのときに、それを聴いてくれて、「SETって、面白いね」と。それでゲストに呼んでもらった後、そのままレギュラーになったわけ。

渡辺 へえ~。

三宅 その番組は83年12月末に終わるんだけど、ちょうどその頃、『ヤンパラ』が新しいパーソナリティを探しててね。「じゃあ、ヤンパラとオールナイトニッポンに出演していた三宅裕司にしよう」ということで、84年2月からスタートすることになったんだよ。

渡辺 それが6年くらい続いて、若者に大人気の番組になるんですから、どこにチャンスがあるのか、分からないものですよね。

三宅 “どんな小さな役でも一生懸命、やんなきゃいけない”というのは、伊東四朗さんもさんざん言ってたね。だから俺、その点で言えば、ずいぶん役を逃してるな。つまんない役は、つまんなそうにやっちゃうんだよ(笑)。

■サザン オールスターズから花が届いて

渡辺 それじゃ、ダメじゃないですか(笑)。ところでテレビに出るようになったのは、いつ頃なんですか?

三宅 84年4月から9月までに5回放送された、『サザンの勝手にナイト あ!う○こついてる』(日本テレビ系)が最初だね。同じ事務所の『サザンオールスターズ』とSETによるコントと音楽のバラエティ番組なんだけど、サザンがメインで、まだ無名のSETは、いわゆるバーター。でも、事務所が三宅裕司を売ろうとしていたとき、サザンがそれを理解して、一肌脱いでくれたんだよ。

渡辺 すごいなあ! 僕は桑田佳祐さんと同い年なんですけど、その頃のサザンって、もう人気絶頂だったじゃないですか。

三宅 そうなんだよ。SETはまだ小さな劇場で公演してたけど、サザンとYMOから花が届くんだから。それを見た劇場の人なんて、態度が変わっちゃって(笑)。

渡辺 ワハハハ。

三宅 それから日本テレビでSETがメインのコント番組ができるようにもなったし、サザンには足を向けて寝られないよね(笑)。

――2人の爆笑トークは、まだまだ続く! 次号は、テレビ業界の仰天ウラ話!

●わたなべ・まさゆき 1956年1月24日、千葉県いすみ市(現)生まれ。明治大学在学中にラサール石井、小宮孝泰と出会い、コントグループ『コント赤信号』を結成。1980年に『花王名人劇場』(フジテレビ系)でデビューし、人気を博す。その後、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)など数多くの人気番組に出演。テレビ番組で活躍するかたわら、86年からは若手お笑い芸人の育成の場として「ラ・ママ新人コント大会」を主宰。現在、第一線で活躍する人気芸人を、若き日から見続けている。

●みやけ・ゆうじ 1951年5月3日、東京都千代田区神田神保町生まれ。明治大学卒業後、79年に劇団『スーパー・エキセントリック・シアター(SET)』を旗揚げ。84年からニッポン放送のラジオ番組『三宅裕司のヤングパラダイス』のパーソナリティを務め、全国区の人気に。その後は『テレビ探偵団』(TBS系)など、人気テレビ番組の司会を務める。04年から、伊東四朗らとともに『伊東四朗一座』を公演。伊東が不参加の際は、『熱海五郎一座』の座長として、東京の笑いである軽演劇を毎年、主宰している。

関連リンク

  • 5/27 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます