星野源と新垣結衣は現実でも偽装結婚!? 両者の利害が一致しただけという説が濃厚か?

拡大画像を見る


 2016年のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)で夫婦役を演じた星野源と新垣結衣が電撃結婚を発表した。両者の事務所とも交際わずか半年ほどと説明し、それに疑問を投げかける関係者は多数だが、その一方できな臭い話も飛び出している。それはそもそも交際などしておらず“偽装結婚”というものだ。

 キュンキュンドラマの代名詞・逃げ恥の津崎平匡(星野)と森山みくり(新垣)が本当に結婚することになったのだから、ドラマファンが沸き立つのも当然だ。今年正月に放送された逃げ恥のスペシャルドラマの撮影後に2人は恋愛関係に発展したというのだが、「17年ごろから熱愛の噂はあった。新垣が住んでいるマンションの別の棟に星野が引っ越ししたことがキッカケ。CMなどの都合から、交際期間を偽ったと主張する関係者は多い」とテレビ関係者は証言する。

 実際に芸能リポーターなどがワイドショーでそのような主張をしているのだが、水面下では真逆の説が出ている。逃げ恥で平匡とみくりは偽装結婚から本当の結婚に漕ぎついたのだが、星野と新垣はまだ偽装結婚の段階だというのだ。

「いまだ2ショットは一切撮られていない。熱愛の根拠は星野の引っ越しだけだが、そもそもあのマンションは芸能人御用達で、偶然の可能性は全く否定できない」(芸能事務所マネージャー)

 2人が偽装結婚する動機もある。一つは新垣が抱える事務所問題だ。結婚と同時に、デビュー時から所属したレプロエンタテインメントとの専属マネジメント契約を終了したと発表したのだ。「レプロとのマネジメント契約を一部継続し、引き続きサポートしていただく形で、自分のスタイルをじっくり構築してまいります」としており、レプロもフリーになることを必死に否定しているが、事実上の独立と言っていい。

「新垣とレプロの関係はもう何年も前からこじれていた。とにかく事務所を辞めたくて仕方なかったが、新垣に辞められたら困るレプロと長年にわたって綱引きを続けてきた。一部レプロに譲歩したが、結婚することで事実上の独立を勝ち取った」(前出関係者)

 星野としても新垣との結婚となるとメリットは大きい。「相手が新垣ならばファンからも文句は出ず、むしろ祝福される。星野にも箔が付くし、最高の結婚相手」(前出関係者)。両者の利害が一致したことで、結婚にたどり着いたというのだが……。いつしかドラマのように本当の夫婦になることはできるか。

  • 5/26 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます