愛犬を世界で一枚の現代アートに!「EIJI TAMURA DOG ART展」広島三越にて開催


東京をベースに日本各地やニューヨークなどで活躍するDOG ARTIST・EIJI TAMURAさんの「EIJI TAMURA DOG ART展」が、6月15日(水)~20日(日)の期間、広島三越1階にて開催される。入場は無料だ。

“カラフル&ポップ”なドッグアート


古くから人と共存してきた犬と言う存在。今や“ペット”ではなく、愛犬も当然家族と呼ばれる時代だ。そんな大切な愛犬が、色鮮やかな自分だけの現代アートになる。


EIJI TAMURAさんが描くドッグアートの特徴である、“カラフル&ポップ”。これは、本来動物が持っている豊かな表情を感じるままに表現しており、愛犬が与えてくれる無償の愛が色鮮やかに見えるのをそのままキャンバスに描いているという。

今回の展示会では、世界で一枚だけのアートのオーダーを受け付ける。

愛犬の写真を元に制作


オーダーの流れは、サイズを指定し、愛犬の写真を3〜5枚程度メールにて送信する。制作期間は約3~4ヶ月となっている(時期により変動)。


オーダーサイズはF15・F30・F40となっており、価格はF40(1000×803mm)/¥440,000(税込)、F30(910×727mm)/¥330,000(税込)、F15(652×530mm)/¥220,000(税込)。壁画オーダーも受け付ける。

EIJI TAMURAさんコメント


EIJI TAMURAさんは、「コロナ禍で、より家族や愛犬との絆が深くなっていくことを実感しています。おうち時間の中で、愛犬への愛を再確認した人も多いのではないでしょうか。かけがえのない家族の一員であるあなたの愛犬。一緒に過ごすことのできる時間は限られています。だからこそ、家族に向けてくれる愛犬の表情やたくさん注いでくれる愛情をアートにして、その大切な時間を形にするお手伝いができればと思います。今を共に過ごす愛犬や、今まで共に過ごした愛犬を、明るくポップに描きます。ぜひ広島三越で作品をご覧になりにお越しください。」とコメント。

この機会に、大切な家族である愛犬の、世界で一枚だけの現代アートをオーダーしてみては。

■広島三越
住所:広島県広島市中区胡町5-1

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

画像をもっと見る

  • 5/26 18:56
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます