パチンコ「大工の源さん韋駄天」のゴト行為はプレミアム演出で見破れるのは本当か

拡大画像を見る

 2021年5月現在、P-WORLDの設置台数ランキング1位の「P 大工の源さん 韋駄天」。右打ち中の爽快感溢れる演出と、出玉スピードの早さから人気を博し、中古の販売価格が定価を大きく上回るほどの超人気機種となった。しかしここ1か月、ゴト行為が報告され、ホールはその被害対策に四苦八苦しているという。

 それは4月中旬のこと。ホール関係者がTwitterで、ゴトの報告と犯人の写真をツイートしたことからこの話題が一気に広まった。その後、同じ手口のゴト行為が各地で続々と報告され、ホールは戦々恐々としている。現役ナンバーワンと言っても過言ではない機種のゴト行為は、業界全体に大きなダメージが与えられることだろう。

◆約2分1で大当りさせてRUSH直行の破壊力

 手口は至ってシンプルで、「通常時に右打ちして電チューに玉を入れて大当りさせる」というもの。電チューの小当り率は1/2.06で、本機は一種二種混合タイプのため「小当り≒大当り」となる。さらに電チュー入賞のため「超源RUSH」の突入率は100%のため、あっという間に連チャンに突入させて出玉を獲得するというわけだ。

 しかし通常時に右打ちしても電チューは開かず、玉が入るわけなどない。ゴト師グループは、通常時に右打ちして玉が電サポに届くよう、台に仕掛けを施す。手口の詳細は不明だが、ザックリ言うとこんな感じだろう。あの爽快感溢れる超源RUSHにたった数玉で突入できるのだから、その破壊力たるや……。

◆4万発、8万発もの被害が……

 ゴト情報をツイートした「ジェームス柳橋 マウントオヤジ」さんによると、3台合計で約4万8500玉抜かれたとのこと。また「株式会社ワークス」のツイートによると、埼玉県内のホールにて合計11台から約8万玉抜かれたとの情報もあった。出玉としての被害も大きいが、このゴトは単に出玉を抜くという意味だけでなく、「今1番人気の台を傷つけている」ということが罪深い。

 正直、人気のない機種なら、撤去してしまえば被害は防げる話。それが年間1位クラスの超人気機種となれば簡単に撤去もできない。ゴトが一度でも行われ、傷がつけられた台は撤去せざるを得ない可能性もある。この機種の中古台販売価格を考えると、被害は甚大なものだといえる。

◆初当たりデータによって出玉没収

 最近はどこのホールも警戒中のポスターを貼り、人気機種を守るために必死で対策している。現在はゴト師もさすがにやりにくい状況になっているかと思うが、設置率ナンバーワンの機種で、しかも最近ライトバージョンもリリースされたことも考えると、まだまだ警戒が必要だ。

 あるホールでは「初当りで3ラウンドor9ラウンドの大当りデータが確認された場合、交換をお断りさせて頂きます」との警告が貼られているホールもある。しかし、この機種の少しやっかいなことは、通常時に3ラウンドor9ラウンドとなる「小当り」が存在するということだろう。

◆ロングフリーズが出ると……!?

 通常時の小当り確率は「1/65536」と激低。小当りではあるが、超が付くほどのプレミアムな“大当り”なのである。毎日打ち続けても引けずに終わる人のほうが多いレベルだが、全くないわけではないため「初当り3ラウンドor9ラウンドを引いたら完全に無効」というのは少々乱暴だろう。なお、その小当りを引いたときの演出は、ゴト行為で無理やり電チュー入賞させたときと同じ「ロングフリーズ」が発生する。隣の人がこれを引いていたら、ほんの少しだけゴトを疑ってみてもいいかもしれない。もしこの演出が1日2回以上出た人はゴトの可能性大となる。

 このゴトは台を開けることが必要になるため、4~5人のチームで動いていると言われる。他の客がいた場合、声をかけて気を逸らすとの情報もあった。もし大工の源さんの近くで打っていて、一般客に不審な声のかけられ方をしたら、別の仲間がゴトを働いている可能性がある。もし怪しい動きをしている人がいたら、すぐに店員に報告しよう。パチンコ店から犯罪者を撲滅し、健全な遊技を楽しむためにも、ユーザー側もできる限り協力することが必要だ。

<取材・文/セールス森田>

【セールス森田】
平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中

関連リンク

  • 5/26 15:29
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます