余計なお世話してない...?「友達の恋」の正しい応援方法って?

拡大画像を見る


自分は恋人がいるけど、友達は恋人がいないというシーンはたまにありますよね。
今回は友達の恋の正しい応援の仕方です。間違った応援の仕方をすると、恋どころか友情もなくしてしまうかもしれません。慎重にならないといけないですね。


事実を確かめる

友達の恋を応援するときに大切なのが、事実をしっかり確認することです。
そもそも友達が本当に恋人を欲しがっているのか、彼のことを好きなのか、しっかり確認しないまま動き出すと、友達は「そんなの頼んでいない!」と怒ってしまうかもしれません。
そうなるとどう謝っても許してくれないかも。余計なことをしないためにも、事実がわかるまではいい加減なことも言わないようにしてください。噂には気をつけて。


成り行きを見守る

これもさきほどの続きになるのですが、自分の思い込みだけで動かないことも重要です。
こうすればいいという気持ちはわかるのですが、それが本当に必要があるのか疑問な時は動かないことも大切です。流れにまかせて成り行きを見守るのも友達ですね。


出しゃばらない

友達に直接頼まれたわけではないときは、なるべく出しゃばらないことです。
自分が彼に友達のことをどう思っているのか、気持ちを聞き出そうとして、今度はあなたの彼と友達に怪しまれるというパターンは本当によくあります。
変な誤解を招くことはやめましょうね。


本当に友達の幸運を願う

無粋なことをいうのですが、あなたは本当に友達の幸せを願って動いていますか?
ちょっとおもしろそうだといういい加減な気持ちで動くのは絶対にやめましょう。自分がもしそんなことされたら嫌ですよね。


あなたが恋のキューピットになるかも

友達が困っているのなら全力で応援してあげるのが親友です。
全力で応援した結果、あなたが恋のキューピットになることもあるかも。そうなれたすごく嬉しいですね。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/26 12:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます