【難読】“きふん”ってなに? 「黄紛」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「黄紛」の読み方です。

“きふん”? “おうふん”? なにそれ? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「黄紛」の読み方は?

「黄粉」とあると、そのまま“きふん”か“おうふん”と読むのかな、と思った人もいるでしょう。

しかし、そうは読まずに、和菓子などで使われているある粉のことを表す言葉になります。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“きなこ”と読みます。

■「黄紛」の意味と使い方

『精選版 日本国語大辞典』によれば、「黄紛」の意味は以下のように解説されています。

きな‐こ【黄粉】

〘名〙 (「黄なる粉」の意) 大豆を煎(い)って、こまかにひいて粉にしたもの。砂糖を加え、餠、団子などにまぶして食べる。豆の粉。

※女房躾書(室町末)「まめのこをばきなこともうす。いろのこ共云」

わらび餅やおはぎなどにまぶしてあるのを見ますよね。

よく「きな粉」と表記されていますが、漢字では「黄粉」と書くんですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「黄紛」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。見た目をそのまま漢字に当てているため、簡単な漢字ですが、読み方は意外と難しいですよね。

漢字で書くことは少ない言葉ですが、意外な読み方があることを覚えておきましょう!

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 5/26 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます