フェルナンド・トーレスが現役復帰?…28日に詳細発表へ「復帰を決断した」

拡大画像を見る

 元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏が25日、自身のSNSで現役復帰を示唆した。

 2019年夏に現役を引退したトーレス氏は、自身のInstagram(@fernandotorres)を更新し、現役時代に着用していた背番号「9」の写真を投稿。「私が人生を理解する方法は一つしかない、プレーだ。だから、復帰を決断した。この金曜日(28日)に復帰するクラブを発表する」とつづり、現役復帰を示唆した。

 なお、現段階では詳細が明かされていないため、正式な現役復帰か、親善試合などでのプレーかは不明だが、2年ぶりに“エル・ニーニョ”(トーレスの愛称、神の子の意)がピッチに戻ってくる可能性があるようだ。

 現在37歳のトーレス氏は、アトレティコ・マドリードの下部組織出身で、2001年に17歳でトップチームデビューを果たした。2007年夏にリヴァプールへ移籍すると、チェルシー、ミランを渡り歩いて、2015年1月にアトレティコ・マドリードに復帰。2018年7月にはサガン鳥栖に移籍して、日本で約1年間プレーしたのち、2019年夏に現役を引退していた。その後は古巣アトレティコ・マドリードの下部組織でコーチなどを務めていた。



関連リンク

  • 5/26 3:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます