マルセイユ、DF酒井宏樹の退団を正式発表…日本語で「お疲れさまでした」

拡大画像を見る

 マルセイユは25日、日本代表DF酒井宏樹の退団をクラブ公式Twitterで正式発表した。

 酒井は前日の24日、すでに自身のInstagramで「今シーズン終了をもってヨーロッパを離れ、マルセイユでの夢にピリオドを打つことを決意しました」と退団を報告していた。クラブは25日に公式Twitterで「マルセイユの選手として184試合に出場した忘れがたい5シーズンを経て、ヒロキ・サカイがクラブを退団しました」と発表。フランス語版の公式Twitterは日本語で「お疲れさまでした」と労い、日本語版は「青と白のユニフォームがとても似合っていました。ありがとう」と感謝の言葉をつづった。

 現在31歳の酒井は2016年夏にハノーファーからマルセイユに移籍し、公式戦184試合に出場した。28歳の誕生日だった2018年4月12日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグのライプツィヒ戦では終了間際のバースデー弾で移籍後初ゴールを記録。今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節のオリンピアコス戦に先発出場し、欧州9シーズン目で日本人選手として20人目(チャンピオンズカップを含む)のCLデビューを果たしていた。

関連リンク

  • 5/26 1:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます