三好康児がW杯予選ミャンマー戦欠場…クラブ事情により日本代表への合流が遅延

拡大画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は25日、日本代表MF三好康児(アントワープ)がFIFAワールドカップ カタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選のミャンマー代表戦を欠場すると発表した。

 発表によると、三好はクラブ事情のため、チームへの合流が遅れるという。三好は試合出場のための日本政府が定める特別措置の条件を満たせないため、5月28日のミャンマー戦に出場できないことになった。ただ、同選手は帰国後、速やかにチームに合流してトレーニングを行う予定となっている。

 なお、三好はミャンマー戦後、U-24日本代表に参加する予定となっている。U-24日本代表は6月5日にU-24ガーナ代表と、6月12日にジャマイカ代表との対戦を予定している。

関連リンク

  • 5/25 22:37
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます