緊急事態宣言でも出社する人たちの本音「クラスターになりかねない」「他部署で陽性者が……」

拡大画像を見る

コロナの感染拡大とともにテレワークが社会に浸透しつつある。それでも職種によってはテレワークができない仕事もあり、キャリコネニュースには、そうした人たちからの不安の声が多数寄せられている。茨城県の30代男性は

「物流業の倉庫勤務につき、緊急事態宣言もGWも一切関係なく出社です。まぁ、収入が保証されていると思えば、モチベーションに繋がっていますが」

と語る。コロナ禍で仕事を失ったり収入が減ったりした人が多い中で、収入が確保されている点には納得しているようだ。

今回は、緊急事態宣言下でも出社している人たちから寄せられた、不安の声をまとめた。(文:林加奈)

「セキュリティの観点から出社する必要がある」人多数


出社しなければ物理的に業務が成り立たないケースのほか、「ネットワーク監視のため」(東京都/40代男性/ITエンジニア)というように、テレワークによる情報流出が懸念されるために、出社せざるを得ない人からの声もある。それぞれに

「情報セキュリティの観点から、データを触る場合は出勤する必要がある。不満はありません」(東京都/20代女性/ITエンジニア)

「個人情報の持ち出しが会社から禁止されているので出社せざるを得ない」(東京都/30代男性/事務・管理)

など、出社しなければならない事情を明かしていた。

コールセンター勤務の女性「私の所属部署では時短営業も何もなく、通常業務」

出社を続けている人からは「工場内が密室なので、1人がコロナにかかるとクラスターになりかねない」(大阪府/20代男性/流通・小売系)と心配する声が相次いでいる。

実際に「クラスターが発生してしまった」という経験談も寄せられた。通信販売のコールセンターで働く大阪府の30代女性は

「他部署でかなりの陽性者が出ています。それなのに、消毒のみで最近までずっと運営していて、感染者は増加するばかり。それでも部署閉鎖にならず、時短営業にもならない。やっと4月中旬からクラスターが発生した部署は一時閉鎖されましたが、その間に他部署で感染者がまた増えてきている状況です。隣の部署では時短営業しているのに、私の所属部署では時短営業も何もなく、通常業務」

と打ち明ける。女性は派遣社員として働いているが、「派遣先の社員だけがテレワークになり、理不尽だなと思います。コールセンターはなかなかテレワークができない職業だと思うので、不満ばかりです」と愚痴をこぼす。しかし、

「シフトの面に関しては、とても働きやすい会社なので、なかなか辞められません」

と、辞めるに辞められない現状を明かしている。

※キャリコネニュースでは引き続き緊急事態宣言でも出社のほか職場で起きた窃盗事件共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

関連リンク

  • 5/25 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます