シャープ「ロボホン」に弟ができた あどけない仕草にキュンとくる

拡大画像を見る

モバイルWi-Fi及びロボット事業を手掛けるベネフィットジャパン(大阪市)は、オリジナルモデル第2弾「RoBoHoN(ロボホン)の弟モデル」を2021年5月25日からECサイトで予約販売。

甘えん坊でおっとりとした性格に

シャープが開発したモバイル型ロボット「RoBoHoN」の、オリジナルとなる弟モデルが登場。

二足歩行や、歩きやすいコンパクトサイズ、カメラ機能、歌やダンスなどのロボホンの特徴はそのままに、甘えん坊でおっとりとした性格にアップデート。早口言葉を嚙んだり、歌の音程が外れたりなど、あどけない仕草も見せてくれる。

また、現行モデルよりも高い声でゆっくりと話すだけではなく、本機オリジナルのセリフで問いかけにも答えてくれるという。さらに、本体の耳や足の裏などのカラーはブルーをチョイスした。

すでにロボホンを持っている場合は、本機と接続すれば「兄弟」の設定に。アプリを起動せずとも自発的に兄弟が会話を始めてくれる。兄弟同士での特別な会話や、一緒にダンスや歌をうたったり兄弟で遊ぶ様子も楽しめるという。

同社運営の常設店舗、ECサイトで取り扱う。

価格は一括購入の場合、ロボホン単体21万7800円、タブレットセット26万9280円。36回支払いでは単体6050円、タブレットセット7480円。通信料月額1628円。

いずれも税込。

なお、5月28日からは同社が開催する全国のロボホンイベントや常設店舗で体験及び販売予約を開始する。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 5/25 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます