なんとなく付き合ってはみたけれど、結局好きになれなかった男性9パターン

深く考えず、「そのうち好きになれるかもしれない」と思って告白をOKしてくれる女性は意外と多いもの。付き合っても長続きしなかった場合、向こうから「好きになれなかった理由」をわざわざ教えてくれることは少ないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性252名に聞いたアンケートを参考に「なんとなく付き合ってはみたけれど、結局好きになれなかった男性」をご紹介します。

【1】マナーを知らず、食べ方が汚い男性
「デートのたび、周りの目を気にするのが苦痛でした」(20代女性)というように、男性の食事姿に嫌悪感を抱くパターンです。家族や友人から一度でも注意を受けた経験がある人は、お箸の持ち方や食べるときの音などを振り返ってみてはいかがでしょうか。

【2】キスするところがイメージできないなど、生理的に受け付けない男性
「キス顔を想像しただけでちょっと…」(20代女性)というように、相手の何が嫌だとはっきり言えなくても、スキンシップを受け入れられないケースもあります。口臭やヒゲをケアして清潔感をアップすれば、受け入れてもらえる望みはあるかもしれません。

【3】友達としては信頼できるが、「男くささ」が足りない男性
「いい人だけど、なんかグッとこない」(20代女性)というように、「男の色気」を感じることができず、友人関係から先に進めなかったと語る人もいます。「実はピンチに強い」など、ほかの人には見せない魅力を小出しにして「異性」を意識させたいところです。

【4】非の打ち所がないくらいマジメで、逆に面白みに欠ける男性
「いちいち細かくて、楽しくなかった」(10代女性)というように、融通がきかない男性も、女の子に苦痛を与えているようです。「マジメ」なのは素敵ですが、一緒にいる人をリラックスさせたいなら、たまにユルさもみせましょう。

【5】付き合ったとたんに態度が大きくなった男性
「急に呼び捨てになり、上から目線なのでカチンときた」(20代女性)というように、恋人になった瞬間から「俺の女」扱いしてしまうのも、相手をムッとさせてしまうようです。告白にOKをもらったからといって油断せず、さらに好きになってもらうための努力をしましょう。

【6】笑いのツボや趣味などが自分とまったく異なる男性
「ギャグが寒すぎて辛い」(10代女性)というように、感性が違いすぎてしまうのも「やっぱり無理…」の判断につながるでしょう。何もかも女の子に合わせる必要はありませんが、せめて自分の好みを押し付けないようにしたいところです。

【7】どうしても気になってしまう体臭がある男性
「おじさん臭が無理でした」(20代女性)というように、「体臭」も女の子の気持ちを遠ざける原因になってしまうようです。自分のニオイに鈍感な人は多いので、「他人事ではない」と自覚して、ケアに励みましょう。

【8】情熱的だけど空気を読まずに「好き!」と迫ってくる一方的な男性
「好きって言ってくれるのは嬉しいけど、気持ちが追いつかなかった」(10代女性)というように、なりふり構わず押しまくるのも、相手を疲れさせてしまうようです。長く付き合いたいのであれば、相手の愛情が育つのをゆっくり待ちましょう。

【9】ディナーの1時間、会話が続かない男性
「沈黙が気まずい。やっぱり合わないのかなと思いました」(20代女性)というように、二人でいても話が盛り上がらない関係では、交際の継続は難しいと思われそうです。一緒に楽しめる話題を用意するのはもちろん、女の子のトークを引き出す「聞き上手」を目指すといいかもしれません。

食事のマナーなどを守る社会性や、女の子を不快にさせない清潔感があり、なおかつ自分の価値観を一方的に押し付けるようなことをしない男性を目指せば、「好きになれなかった」という残念な結果を招かずにすむのかもしれません。(外山武史) 【調査概要】 期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで 対象:合計252名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/24 17:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます