もう仕方がないなぁ♡ワガママな私を「許してくれる」男性の特徴3つ

拡大画像を見る


ワガママなことはわかっているけど、どうしてもその性格を改善できないという女性も多いでしょう。
そのような人はワガママな性格でも受け入れてくれる男性と付き合いたいと思いますよね。
そこで今回は、ワガママな性格の女性でも許してくれる男性の特徴を紹介していきます。


年上の男性

ワガママな女性でも許してくれる男性としては、まず年上の男性が挙げられます。同世代の男性や若い男性だと、同じ立場になりますし、自分がやりたいことが多いため、ワガママを言うとぶつかってしまいます。
しかし年上の男性であれば、精神年齢が高いため、ワガママを言ったとしても我慢してくれます。年を取れば忍耐力が身につくものですので、ワガママな女性と相性が良いのです。
また、男性は年を取ってくると、自分が何かをやるより、何かをやってあげたいという気持ちが強くなります。つまり、彼女のお願いをきいてあげることで、心を満足させるのです。
そのため、彼女がワガママを言ったとしても、喜んで受け入れてくれる場合もあります。ワガママな女性としても思い通りの付き合いができるでしょう。


優しい男性

優しい男性もワガママな女性を許してくれる男性です。優しい男性はワガママなことを言っても、怒ることはありませんし、彼女の機嫌が良くなるのを根気強く待ってくれます。そのため、ワガママな女性と相性が良いです。
優しい男性は人よりも怒る基準が低いため、ある程度のことは優しく対応してくれます。さすがに優しい人でも、相当なワガママを言えば怒ってしまいますが、他の人よりはワガママを許容してくれるものです。
ただし、優しい男性はモテるため、付き合うためにはライバルに勝たなければなりません。そのため、付き合うまではできるだけワガママは封印しておいたほうがいいです。


弱気な男性

弱気な男性もワガママな女性を許してくれる男性となります。弱気な男性は自分で彼女をリードするのが苦手であることが多いです。
ワガママを言うタイプの女性は、自分で男性をリードしますよね。そのため相性が良いのです。
ワガママを言ったとしても、弱気な男性は自分の意志がないため、女性の言うことを聞きます。ただし、それで男性がストレスを溜め込んでしまうこともあるため、たまには優しくしてあげることも大切です。


ワガママを言わないほうが彼氏はできやすい

ワガママな女性を許してくれる男性は少ないです。そしてそのような希少な男性はモテることが多いです。
それを考えれば、ワガママを許してくれる男性を見つけるよりも、ワガママを言わないようにしたほうが彼氏は作りやすいです。
そのため、少しくらいのワガママであればいいですが、ある程度はワガママを自制するということを意識してみてください。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 5/24 12:02
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます