アンジャッシュ過去映像で“渡部は全カット”「放送禁止」扱いの違和感

拡大画像を見る

 5月18日放送の『バナナサンド』(TBS系)に、アンジャッシュの児嶋一哉(48)が登場した。バナナマンの設楽統(48)から「本日のゲストはアンジャッシュの渡部です!」と紹介された児嶋は「児嶋だよ! その間違いやめろよ!」と即座にツッコミ、「その間違いはやめろ」「渡部は今1番ダメなんだよ」と真顔でダメ出しした。

 お決まりの名前間違いのネタやポンコツぶりをイジられるキャラクターでお馴染みの児嶋だが、同期でつきあいの長い設楽によれば、昔の児嶋はこんなキャラではなかったそうで、「笑いにストイックで、なんかしゃべったりとかしても、“えっ、その方程式ってどういう笑い?”」「これ、俺言われたんだよ」と明かし、サンドウィッチマンの伊達みきお(46)を「うわ、面倒くさ! マジっすか」と驚かせた。

 さらに設楽は、「コジは、今でこそ言うとちゃんと受け入れて“児嶋だよ!”とかさ、ギャグにしたりしてるけど」「昔はただただ嫌なヤツだったから」と語り、「昔はイジられを拒否時代があった」と暴露。そんなプライドの高かった児嶋がいじられキャラになったのには、バナナマンがひと役買っているという。

 設楽が会った頃のアンジャッシュは、2人ともダウンタウンの松本人志(57)に憧れて上下ジャージ姿でバリバリにトガっており、児嶋は実際にはポンコツなのに天才風を装っていたとVTRで紹介された。その頃、後輩のアンタッチャブルと舞台で共演、山崎弘也(45)から延々とギャグを無茶ぶりされてスベり倒し、怒り心頭になった児嶋は、舞台後、客席に響くほど大声で山崎にキレまくったこともあったという。

 VTRでは、当時バラエティに出演したときの様子も流れたが、「アンジャッシュのお2人です」と紹介された場面でも笑顔も見せず、スカした態度を取っていた。そんな児嶋の転機は、2008年にバナナマンのラジオ『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)への出演だった。

 設楽が「今、コジここで気づけば変わると思うよ」「このままだとコジ、ダメになる」と、プライドを捨てろと児嶋を説得。その後、児嶋はポンコツキャラに方向転換し、「児嶋だよ!」も誕生してブレイクした。

■渡部は一切映らず

 児嶋は『リンカーン』(TBS系)に出演していた当時にも触れ、「まだダウンタウンさんともそんなに絡んだことない。でも、バナナマンがいてくれて、俺のこと雑に“アイツつまんねえ”とか言って、“うるせぇな”とか言うのをダウンタウンが見ててくれたから」「こういう感じでイジればいいんだっていうのを(バナナマンが)見せてくれたっていうのをめちゃくちゃ感謝してる」としみじみ振り返り、「あれがなかったら俺、どうなってたんだろうな」と語った。

 そんなバナナマンと児嶋の秘話に、視聴者からは「児嶋さんとバナナの話感動した」「胸熱すぎ」「バナナマンと児嶋さんとの友情熱い」など感動の声が上がった。

 しかし、一方で視聴者が気になったのは相方の渡部建(48)への扱い。冒頭での渡部イジリはあったが、その後、当時のVTRにも渡部の姿はなく、もちろん過去のエピソードについても渡部については一切触れられることはなかった。

 これに一部の視聴者からは「過去映像で渡部一切映らないの草」「再現Vでこれだけ渡部カットするともう児嶋さんピン芸人だったっけ? ってなるよね」「児嶋さんの回を見て、別な意味で心が痛くなってしまった」というコメントも見られた。

 昨年の“多目的トイレ不倫”騒動でいまだ謹慎中の渡部、今年2月には豊洲市場でアルバイトしているという報道もあったが、復帰に関しての話は聞こえてこない。

 再び、テレビでアンジャッシュ2人そろった姿を見られる日は来るのだろうか。

関連リンク

  • 5/24 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます