今本当に「嫌われている女優」3人とは? 共演者と同じ弁当がNG、ぶりっ子キャラで切り抜ける…

拡大画像を見る

 一概に女優と言っても見た目も性格も様々だが、だからこそありとあらゆる映画やドラマが成立している。人気が出た女優は、いずれも現代の映像制作には欠かせない逸材ばかりだが、数多くいるからこそ軋轢も生まれ、結果として周囲から嫌われてしまう女優も出てくる。今回はお節介にも2021年の今現在業界内で嫌われている女優とその名前を聞き出した。

「前々から共演NGとして名前が出たり、スタッフからの評判が悪いのがNHKの朝ドラにも出ていたTさんじゃないでしょうか」(ドラマ関係者)

 いきなり人気女優の名前が挙がったが、一体そこにはどんな事情があるのだろうか。

「そこまでの演技力はなく、ルックスでの勝負をしなければならない女優さんなんですが、所属事務所は演技派として売りたいんです。そのため、演技にうるさい監督の作品に必死に売り込んで出ていることも多いんですが、やはり演技力がないので白い目で見られることもあります。本人はそれでもニコッと笑って許してもらおうとしたり、ぶりっ子キャラで切り抜けようとしていて、周囲からは嫌われていますね」(同)

 演技派と言いながら笑顔で誤魔化そうとすればたしかに嫌われて当然だろう。

 続いてはあの大物女優の名前も挙がった。

「以前から有名なひとりで言えば40代後半女優のFさんです。特別感の求め方が半端ないんです。ただの美人女優ではなく、桁違いの美人女優としての扱いを求めるような感じです。結婚相手も大物なので、これまで以上に特別な扱いを求めてきます」(テレビドラマスタッフ)

 特別扱いを求めるのはわかったが、具体的にどのような要望があるのか。

「たとえば共演者と同じお弁当では嫌なんです。また、メイクルームもほかのキャストとは別にしてほしいなど、とにかく目に見える形での特別扱いを求めてきますね。ある程度までのワガママは理解できますが、最近は度を越しています」(同)

 たしかに面倒な存在になりつつあるようだ。

 最後はあの芸人の娘の名前が出てきた。

「最近、嫌われているのは有名タレントの娘であるOさんです。見ていれば誰もがわかるように、彼女はただの女性タレントですよね? なのに、本人は女優としての出方を希望しているんです。だからバラエティにもひな壇ゲストではなく、もっとチヤホヤされる立ち位置で出たがるんです」(テレビ番組関係者)

 女優としてチヤホヤされたいとの思いは自由だが、そこまでドラマや映画の仕事が無かったはずだ。

「そうなんです。実際、ドラマや映画の仕事は数えるほどでバラエティタレントとしての仕事がほとんどです。ただ、それでも女優扱いを求めて収録前の打ち合わせで揉めることもあります。あと、ほかのバラエティタレントを見下すような発言もあって、今や総スカンです」(同)

 見下すも何も自分の父親はバラエティのド真ん中で仕事をしているのだが、なんとも不思議な話だ。

「逆にたまにドラマなどの現場に行くと女優さんと演技論などを交わしているようですが、こちらもド素人なので話が合わずに現場では浮いているみたいです」(同)

 ここまでくると、さすがに目も当てられない。

 このような面々が今は嫌われているようだ。本物の女優もいれば女優扱いされたいタレントもいたが、どんな立場にしても人に嫌われずに活躍してほしいものである。

  • 5/23 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

11
  • この記事内容って、だいぶ前に見た気がするが、今さら何?

  • 誰でも書ける低能な記事乙

  • 途中で読むのやめたけどこの人達が芸能界に入った理由って何だろうな?そんなくだらない所で優越感に浸るのが目的ならば止めはしないがこの人達がゴールはそこでは無いと思うのならばそんな些事に構ってる余裕はあるんだろうか?

記事の無断転載を禁じます