レトルト食品はあるものを使って湯せんすると便利!

拡大画像を見る

レトルト食品は、忙しい時や料理を作る暇がない時に、さっと温めるだけで食べられる便利な商品。

定番のカレーだけでなく、シチュー、パスタソースやミートボールなど種類も豊富にあります。今や家庭料理に欠かせない食品といっても過言ではありません。

また、多くは長期保存が可能なので、非常食としてストックしている人も多いのではないでしょうか。

そんなレトルト食品の温め方法の1つといえば、鍋で熱したお湯の中に入れで温める方法があります。しかし、湯煎は水を多く使うし、沸騰するまで時間がかかる…と思っている方も多いはず。

そんな人にぜひおすすめしたい、ネットで話題のレトルト食品の温め方をご紹介します。

用意するものは、玉子焼き器です。

今回は、レトルトカレーで試してみました。

玉子焼き器にカレーのレトルトパウチを入れてみたところ、ちょうどいいサイズ感。これなら、確かに温めやすそうです。

レトルトパウチが浸るくらいまでの水を入れ、弱火〜中火で温めましょう。筆者は、強火にかけてしまい、お湯が吹きこぼれてしまいました。

湯煎は、レトルトカレーの外箱に記載されている時間で、ちょうどいい具合に完成。

普通の鍋よりも水の量が少なくて済むので、キャンプの際にもおすすめの方法ですよ。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 5/24 4:30
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます