【佐賀ヴィーナスC】川崎のロカマドールが激戦を制し重賞初制覇

拡大画像を見る

 23日、佐賀競馬場で行われた第5回佐賀ヴィーナスC(4歳上・牝・重賞・ダ1400m・1着賞金350万円)は、中団後方でレースを進めた山崎誠士騎手騎乗の6番人気ロカマドール(牝5、川崎・山崎尋美厩舎)が、直線で4頭が並んでの追い比べを制して優勝した。勝ちタイムは1分28秒1(稍重)。

 2着はクビ差で5番人気アンバラージュ(牝5、佐賀・真島元徳厩舎)、3着はさらにクビ差で7番人気シーアフェアリー(牝6、愛知・安部幸夫厩舎)となった。なお、2番人気ゴールドメファ(牝5、佐賀・山田徹厩舎)は4着、1番人気テーオーブルベリー(牝4、大井・中道啓二厩舎)は5着、3番人気カラースキーム(牝4、大井・渡辺和雄厩舎)は10着に終わった。

 勝ったロカマドールは、父ロードカナロア、母モエレフルール、その父ゴールドヘイローという血統。通算成績はこれで22戦7勝(重賞1勝)。

関連リンク

  • 5/23 18:28
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます