【オークス結果】3歳女王はユーバーレーベン! ソダシは無敗2冠ならず8着

拡大画像を見る

 23日、東京競馬場で行われたオークス(3歳・牝・GI・芝2400m)は、中団後方でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の3番人気ユーバーレーベン(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、内で馬群を捌いてきた2番人気アカイトリノムスメ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分24秒5(良)。

 さらにハナ差の3着に16番人気ハギノピリナ(牝3、栗東・高野友和厩舎)が入った。なお、1番人気ソダシ(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)は8着に終わった。

 勝ったユーバーレーベンは、父ゴールドシップ、母マイネテレジア、その父ロージズインメイという血統。阪神JF、フラワーC、フローラSと3着が続いたが、この大舞台で見事勝利を掴み、3歳女王の座に輝いた。ゴールドシップは産駒のGI初勝利、サラブレッドクラブ・ラフィアンは悲願のクラシック初制覇となった。

【M.デムーロ騎手のコメント】
 感動しました。本当に嬉しいです。(道中は)少し後ろになってしまってちょっと失敗したかなと思いましたが、向正面でスムーズになって、3〜4コーナーでペースが上がってきた時には楽になっていました。直線に向いてからはいつもどおり伸びていましたし、距離も全然問題ないと信じていました。早めに先頭に立ったので、物見をするかもと思いましたが、最後まで頑張ってくれました。

<オークスダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 5/23 15:46
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます