ガードが堅い「生真面目女子」でも心を開いてくれる話題9パターン

生真面目な女性が相手だと、「こんな話をしても愛想笑いで済まされるだけかも…」と気弱になってしまうもの。会話を心から楽しんでもらうには、どんなネタを繰り出すといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性381名に聞いたアンケートを参考に「ガードが堅い『生真面目女子』でも心を開いてくれる話題」をご紹介します。

【1】「いつも最後まで片付けてくれてるね」など、女性の気遣いを讃える話
「見ててくれたの!?ってドキッとしそう」(10代女性)というように、相手の心配りに気づいていることをほのめかすと、感激してもらえそうです。謙虚なタイプなら、自分の働きを誇示したがらないかもしれないので、本人にだけそっと伝えたほうが喜ばれるでしょう。

【2】「君の好きな作家の新刊が出るよ」など、相手の趣味に合わせた話
「興味のある話だと、『○○君も好きなの?』とか返答しやすい」(10代女性)というように、女性が思わず参加したくなるような話題も好まれるでしょう。ただし、相手の嗜好に妙に詳しいと警戒されそうなので、テーマは絞ったほうがよさそうです。

【3】「うちの猫は蛇口から直接水を飲むんだ」など、ペットの微笑ましい話
「『これかわいいよ』って動画とかを見せられたら、自然と笑顔になっちゃう」(10代女性)というように、ほっこり系のネタも間違いなさそうです。和んでもらったところで、すかさず「なにか飼ってる?」などと会話を続けるのがミソでしょう。

【4】「すごく指が長いんだね」など、チャームポイントに触れる話
「容姿を褒められたらドギマギするけど、実はけっこう嬉しかったりする」(20代女性)というように、ストレートに「ここが素敵」だと好感を持つのもアリのようです。調子に乗って褒めちぎって、チャラい男だと思われないよう注意しましょう。

【5】「実はスイーツ作りが趣味で…」など、ギャップを感じさせる話
「『そのゴツい手で?』と思わず本音が出てしまい、会話が弾みました」(20代女性)というように、引きのある自分ネタを披露して、親しみを感じさせる方法です。一気に距離を縮めるのではなく、自分の話で引きつけてから、徐々に相手に踏み込んでいったほうが心を許してもらえそうです。

【6】「わが家は恥ずかしいくらい仲が良くて…」など、家族の心温まる話
「照れながら家族や友達の話をされたら、いい人そう…と思ってしまうかも」(10代女性)というように、身近な人との穏やかな関係を語るのも好印象を与えるようです。生真面目な女性に嘘がバレたら名誉挽回は難しそうなので、作り話は避けたほうが安全でしょう。

【7】「後輩の能力をもっと引き出してやりたい」など、責任感あふれる話
「会話から真面目な性格がにじみ出ていると、信頼感が湧く」(20代女性)というように、仕事や人間関係に誠実なところを示すと、人として尊敬されそうです。後日、有言実行している姿を見てもらえたら、さらに好感度がアップするでしょう。

【8】「親友が結婚して、嬉しいけど少し寂しい」など、弱さが垣間見える話
「悩み事とかを打ち明けられると、相づちだけでは済ませられなくなる…」(20代女性)というように、ナイーブな一面を表に出して共感を誘う作戦です。「でも気持ちを切り替えていかないとね!」などと前向きに締めくくれば、明るい印象を残せそうです。

【9】「留学したくて英語を猛勉強中!」など、将来をしっかり見据えた話
「目標のためにがんばってるのがわかると、もっと話を聞きたくなる」(10代女性)というように、夢に向かって突き進む姿勢を見せると、心から応援してもらえそうです。相手の夢も教えてもらって励まし合えば、素敵な関係が始まりそうです。

相手の関心を引きつつ、こちらの人間性もアピールできたら、かなりうまくいきそうです。長く関わるつもりで、誠意を込めて話すといいでしょう。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2015年1月8日から15日まで 対象:合計381名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/23 18:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます