レヴァンドフスキが偉業達成、リーグ戦41ゴールでゲルト・ミュラー抜く

拡大画像を見る

バイエルン・ミュンヘンは、22日(土)に行われたアウクスブルク戦で、ロベルト・レヴァンドフスキが記録的な41点目のゴールを決め、5-2で勝利した。

この日、バイエルンの5点目を記録したことでレヴァンドフスキは、ゲルト・ミュラーが持つブンデスリーガ1シーズンのゴール記録(49歳)を更新した。タイトルが決定してからしばらく経った最終節で勝利を収めたバイエルン。オウンゴールで先制した後、セルジュ・ニャブリ、ジョシュア・キミッヒ、キングスレイ・コマンの3人が得点した。

この4点差は、後半にアンドレ・ハーンとフロリアン・ニーダーレヒナーがそれぞれ得点したことで2点差になったが、90分にレヴァンドフスキが記録的な一撃を決めて、勝負を決した。

ダビド・アラバ、ジェローム・ボアテング、ハビ・マルティネス、ハンシ・フリック監督がそれぞれ、クラブとの別れを惜しみ、多くの感動を呼んだ。

関連リンク

  • 5/23 17:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます