リーグ最少失点で優勝に大きく貢献したオブラク「多くの人を助けたい」

拡大画像を見る

アトレティコ・マドリーのGKヤン・オブラクは、シーズンが始まる前から「リーガ・エスパニョーラ優勝という目標」を常に掲げており、今回リーグ最少失点を達成し、その夢を見事に叶うことができた。

2-1で勝利したバジャドリード戦終了後、オブラクは『Movistar +』のインタビューで、試合を振り返り、次のようなコメントを残し、心境を明かした。

「最高だよ。それ以上何も言えないさ。たくさんの思い出があるのは7年目のことで、毎シーズン始まるときにはリーグ優勝という目標があった。僕たちは、長い年月をかけて、時には近づき、時には遠ざかりながら、苦労して達成することができた」

「幸いなことに、僕はいくつかのセーブをして、チームに勝利のチャンスを与えることができた。このことをとても嬉しく思っているし、もっと多くの人を助けたいと思っている」

「相手が得点したことで、僕たちはスタートダッシュに失敗した。相手も1部リーグに残るために命がけで戦っていて、素晴らしい試合をしてくれたが、我々は何があっても戻ってこなければならなかった。それしか考えていなかったよ」

「チャンピオンになるためには、チーム全体が素晴らしいレベルでなければならない。一人ではできないさ。チーム全体が、チャンピオンを獲得するために、最少失点のチームになるために、すべてのことを行ってきた。僕だけの問題ではなかったんだ。ゴールを決めるのはストライカーであり、アシスタントであり、チーム全体であり、すべての選手であり、プレーした選手も、プレーしなかった選手も、僕たちと一緒にいたことがわかるよ」

関連リンク

  • 5/23 12:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます