さようなら僕の前歯 絶叫マシン乗車中の男性を襲った悲劇(米)

拡大画像を見る

米フロリダ州デイトナビーチにある絶叫マシン「デイトナ・スリングショット(Daytona Slingshot)」に今月5日、チアリーディングのコーチを務めるジェームズ・ダナムさん(James Dunham、30)とチームメンバーのアダリーさん(Adalie)が一緒に挑戦した。

デイトナ・スリングショットはいわゆる逆バンジー型の絶叫マシンで、3~5Gの力で一気に発射され、高さは地上から365フィート(約111メートル)まで到達するという。ウェブサイトには“世界で2番目に大きいスリングショット”と書かれている。

当時の様子が投稿されたFacebook動画には、周囲にいる人に笑顔で手を振るジェームズさんと「めちゃくちゃ怖い」とかなり緊張した表情を見せるアダリーさんの姿が映っている。怯えるアダリーさんに対してジェームズさんは「僕はワクワクしてるよ。ほら、ちゃんと頭を後ろに付けて置くんだ」とアドバイスし、余裕の表情を見せていた。

そしてマシンが稼働して一気に空中へ発射されると、ジェームズさんは眩しいほどの笑顔を見せながら、一方でアダリーさんは単純に恐怖から叫び声をあげた。

最高到達点に達すると2人の頭は前後に大きく揺れており、自由落下とバウンドを繰り返しているようだ。

だがその間に、ジェームズさんの身に異変が起きた。地上100メートル以上から落下するその勢いで、なんと前歯が1本取れてしまったのだ。

大きな口を開け、終始笑顔で絶叫マシンを楽しんでいたジェームズさんだったが、自分の口から歯がこぼれ落ちた瞬間は真顔になっている。しかし直後、見事に前歯がなくなった歯抜けの笑顔を見せており、気にせず楽しむことにしたようだ。

その後、絶叫マシンの動きが穏やかになった時にジェームズさんが口を閉じる姿が映った。恐らくこの時に歯を舌で触り、前歯がなくなったことを確認したのだろう。

ジェームズさんはアダリーさんに「クレイジーな話を聞きたいか?」と唐突に話しかけた。

「前歯に差し歯があったんだけど、叫んだ時に飛んで行っちゃった。」

ジェームズさんの言葉に驚いたアダリーさんが、「えっ、歯がないの?」と驚きながらジェームズさんの方を振り返った。ジェームズさんはニカっと歯を見せて笑っており、アダリーさんは「歯が!? 歯がないの!?」と息も切れ切れになりながら大爆笑している。

アダリーさんが隣で爆笑している間、ジェームズさんのテンションは明らかに下がっており、歯が取れてしまったことに少なからずショックを受けているようだ。

しばらく笑い倒して落ち着きを取り戻したアダリーさんは「歯はどこに行っちゃったの!?」とジェームズさんに聞くが、「僕も分からないね。どこかへ飛んで行ったよ」と答え、2人は再び笑う。

「なんで乗る前に歯を取り外さなかったの?」とアダリーさんが聞くと、「だってこんなことは今までになかったんだよ!」とジェームズさんも予想外の出来事に驚いたようだ。

最後に地上へ戻るためにゆっくりと下降する間、アダリーさんがカメラに向かってピースをしてポーズを取ると、ジェームズさんは歯を隠すように微笑んで映ろうとするが、アダリーさんに「歯を見せてよ!」と言われるとしっかり前歯のない笑顔を見せた。

デイトナ・スリングショットは座席に乗車中の様子を撮影するカメラが取り付けられており、撮影された動画はFacebookにアップされている。

ジェームズさんの珍事件を見た人からは、「ジェームズさんには申し訳ないけど、これは笑わせてもらったよ」「こんなに笑ったのは初めてかもしれない」など笑いのコメントが届いている。

ジェームズさんは「たくさんの人に笑ってもらえて嬉しいね」と話しているが、次の週末には兄弟の結婚式に参加する予定があったそうで青ざめたという。「結婚式の3日前に、新しい差し歯を装着することができたよ」と明かしており、自慢の笑顔で兄弟の結婚をお祝いしたそうだ。

ちなみにジェームズさんは差し歯になってしまった理由について、「小学校6年生の時にバスケをしていて、ボールを拾いに行こうとしたら後ろから押されて顔から観客席に突っ込んでしまったんだ。その時に差し歯になったんだよ」と語っている。

画像は『MensXP.com 2021年5月18日付「Man’s Tooth Flies Out Of His Mouth During Crazy Ride & The Video Is Too Hilarious To Watch」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 5/22 22:51
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます