落雷後、通行人を襲う火花の雨 その瞬間をカメラが捉える(露)

拡大画像を見る

バルト海に面したロシアの港湾都市サンクトペテルブルクで今月19日、市内を走るトロリーバスの架線に雷が直撃した。トロリーとは集電装置のことで、バスは上空に張られた架線から電力を取って走っていた。

この落雷による放電で、トロリーバスが走っていた近くの道路ではまるで電気火花の雨が降っているかのような光景が見られた。

この時の様子は監視カメラが捉えており、通りにはまず雷が架線に落ちた時に生じたと思われる「バーン」という激しい音が響いている。するとその直後、辺り一帯に火花の雨が降り注ぎ、あらかじめ仕掛けられていた爆竹が次々と爆発しているかのような状態に陥った。

近くにいた通行人の中には驚いて身をすくめたり、バランスを崩してよろけてしまっている者もおり、ある目撃者は「恐怖を感じた一方で、こりゃすごいと思ったよ。あんな光景は見たことがなかったからね」と話している。

さらに現場上空では当時、爆発が起きたかのような巨大なオレンジ色の火花があがっているのも目撃されており、人々は一様に「まさか落雷でこんなことになるとは」と驚愕しているという。ただ幸いなことに、怪我人はでていない。

ちなみに2019年には米テキサス州の牧場で、雷の直撃を受けた牛23頭が即死する事故があった。牛はフェンスそばで並ぶように死んでいたという。

画像は『The Sun 2021年5月21日付「ELECTRICAL STORM Terrifying moment ‘electric’ rain falls down on horrified passersby after lightning bolt struck wires during downpour」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 5/22 17:54
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • あきひろ

    5/23 4:15

    マンションは避雷針が有るから大丈夫なんだよなな〜。

  • いち(

    5/23 2:48

    うちの前の家に雷が落ちた時は、テレビと電話とパソコンが壊れたな。たまたま窓際に居て稲光がこっちに飛んできて体中ビリビリーッとなったな。

  • 観音寺六角

    5/22 19:10

    うちの真上でかなり強い時はほぼ落ちて電話のヒューズBOXが飛ぶ。他外の電線の繋ぎ目は真っ暗😨10年ぐらいに一度は落ちるけどどこなんだか?

記事の無断転載を禁じます