なみじょ独占インタビュー【第1回】渡邉優美選手の巻

拡大画像を見る

 現在、日刊大衆で連載中のボートレース漫画「なみじょ」が二次元から飛び出して三次元のボートレーサーにインタビューをすることになりました。

 ずばり、テーマはボートレーサーの素顔。普段、過酷な勝負の世界に生きる選手の方々に私生活や趣味、そして「最近のお悩み」などを聞いていきます。

 記念すべき第1回目は福岡出身の女子レーサー・渡邉優美選手です。果たして、ボート以外では、どんなことをしているのでしょうか。まずは簡単に渡邉選手のプロフィールをご紹介します。

【渡邉優美選手プロフィール】
渡邉優美(わたなべゆみ)
生年月日=1992年9月19日
身長=161センチ
支部=福岡支部所属
出身地=福岡県
登録期=105期
級別=A2級

 それでは渡邉選手にお話を聞いていきましょう。

――ボートレーサーになろうと思ったキッカケはなんですか?

「お父さんがボートレース好きで、勧められたのがキッカケです。小学校5年か6年の時に、お父さんに連れられて初めてレース場に行って、中学に入った頃ぐらいから自分でもボートレーサーになりたいという気持ちになりました」

――九州はボートレース発祥の地ということもあり、他の都府県と比べてボートレースが地元とかなり密着していると思いますが、同級生で渡邉選手と同じくボートレーサーになろうと思っている子はいませんでしたか?

「クラスメートでは私一人しかいませんでした」

――ボートレーサーになる前に、何かスポーツはしていましたか?

「ずっと水泳をしていました」

――ボートレーサーになる前から「水」に親しんでいたんですね。同じく水に関連する話としては、渡邉選手はTwitterでよくお酒を飲んでいる画像を上げていますが、お酒はお強いんですか?

「強いかどうかはわかりませんが、たくさん飲みますね(笑)。仕事(レース)がない時は、ほとんど毎日、晩酌をしています」

――それはかなりイケる口ですね。いつもどんなお酒を飲んでいるんですか?

「基本的にはビールとハイボールが好きですね。あと、リキュール系の甘いお酒も好きですね」

――甘いお酒とはどんなものですか?

「最近飲んだお酒ですと、クリームソーダサワー、シュワビタサワー、アイスティーサワーなどの新商品。コンスタントに飲んでいるリキュール系でいえば『巨峰のお酒』ですね」

――巨峰はともかく、クリームソーダとかシュワビタなんかは、ちょっと冒険に近いものがありますね。もしかして新商品が出ると、とりあえず飲んでみるタイプですか?

「そうかもしれません。私は新しいものに弱いんですよ(笑)」

――なるほど。渡邉選手は「新し物好き」なんですね。ところで、おつまみとかはどうしているんですか?

「実家暮らしなので、おつまみは主にお母さんの作るご飯ですね」

――渡邉選手ご自身が作ったりすることもあるんですか?

「ほとんど作らないんですけど、この前、優勝した時にお肉をもらったので、自分ですき焼きを作りました」

――すき焼き! ひょっとしたら渡邉選手は料理もやればデキるタイプなんじゃないですか?

「どうなんでしょう(笑)。個人的にはチキン南蛮が好きなので、自分で作れるようにはなりたいですね。そういえば、この間釣りに行った時に生まれて初めて太刀魚をさばきました」

――魚をさばいたなんて、すごいじゃないですか! ところで、釣りはよくするんですか?

「日高逸子選手(同じ福岡支部の女子レーサー)に誘ってもらったのが最初で、それ以来、釣り仲間ができて誘われれば行ってます」

――渡邉選手はボート以外でも水の近くにいることが多いんですね。もしかしてボートレーサーは釣り好きが多いんですか?

「言われてみれば、多いですね(笑)。そういえばサーフィンをやっている人も多いかもしれません」

――そうなんですか! じゃあ、水にかかわるところにはボートレーサーが潜んでいる可能性が高いですね。

「もしかしたらそうかもしれません(笑)」

――反対にまったく「水」に関係ない趣味はありますか?

「ソフトバンクが好きなので、よく野球観戦に行ってます」

――何がキッカケでソフトバンクファンになったんですか? 

「ソフトバンクの選手に会う機会に恵まれて、それから応援するようになりました」

――ソフトバンクの選手とはパーティーかなんかでお会いしたんですか?

「そんな感じです。日高さんがソフトバンクの選手の方々とつながりがあって、一緒に連れて行ってもらったんです」

――釣りにしろプロ野球にしろ、日高選手って、すごくアクティブで顔が広くて後輩思いな方なんですね。

「そうなんですよ! 日高さんとは一緒にソフトバンクのキャンプも見学に行ったことがあります」

――えっ! わざわざ宮崎まで練習を見に行ったんですか? それはガチのファンですね。ちなみに渡邉選手が注目している選手は誰ですか?

「最近では、今宮健太選手と中村晃選手ですね」

――二人とも爽やかなイケメンではないですか! ところで、ボートレースと野球で共通点のようなものはありますか?

「そうですねぇ。打席に立ってボールを打つ瞬間がボートのスタートの瞬間に似ているかもしれません。そういう気持ちでバッターボックスを見ていると、すごくドキドキします(笑)」

――ボートレーサーならではの視点ですね。渡邉選手は何に対してもドキドキワクワクしながら楽しんでいる印象がありますが、苦手なことってあるんですか?

「実は、釣りがとっても好きなのに、めちゃくちゃ船酔いをするんです」

――ええっ! ボートレーサーなのに「船酔い」するんですか?

「そうなんです。だからいつも全部、吐いてから釣りがスタートする感じです。まあ、減量になるからいいかなと(笑)」

――ボートレーサーは体重管理が重要ってCMで流れてましたけど、その減量の仕方はあまり良くないような気がしますが。

「でも、釣った後にお魚をいっぱい食べるし、お酒もいっぱい飲むのでプラマイゼロです(笑)」

――ますますビミョーですね。そのほかに苦手なことはありますか?

「球技が苦手ですね。特にサッカーがダメです。おそらくバスケもセンスないと思いますね。でも、バトミントンは好きです」

――これからやってみたいスポーツはありますか?

「ゴルフとサーフィンはいつかやってみたいですね」

――先ほど、サーフィンはボートレーサーの方々が結構やっているというお話でしたが、ゴルフもそうなんですか?

「そうなんです。皆さんやっているので、私も早く仲間に入りたいんですよね」

――今はできないんですか?

「今はまだやろうって気分になっていないんですよ。一度そういう気分になったことがあるんですけど、キャンプに行ってしまって機会を逸してしまいました」

――なんと……。ところでサーフィンはボートの練習にもつながるような気がするのですが、どうなんでしょう?

「たぶん、体幹を鍛えることにはつながると思います」

――では、ゴルフよりもまずはサーフィンが優先ですね。

「そうかもしれません(笑)」

――全然、話は変わるんですが、もし渡邉選手がボートレーサーになっていなかったら、何をしていたと思いますか?

「ええーっ! そんなこと考えたこともありませんでした。そうですねぇ。もしかしたら日本にいないかもしれません。海外で働いているかも」

――海外で、どんなことをしてますか?

「分かりません。分からないけど、好きなことをやっていると思います。あったかいところが好きなので南の国がいいかな。私、汗をかくのが好きなんですよ」

――渡邉選手は本当にアクティブで、どこに行っても楽しくやっていけそうですね。
最後に今後は、どのようなレーサーを目差していきたいかを教えてください。

「女子のナンバーワンになりたいです!」

――渡邉選手が表彰台の常連になる日を楽しみにしています。いろいろとお話を聞かせていただいてありがとうございました。

 皆さん、渡邉優美選手のインタビューはいかがでしたか? 明るくて活発な渡邉選手は、ボートでもレースを楽しみながら優勝してくれるに違いありません。今後の活躍に大いに期待です。ぜひ、注目してください。

【渡邉優美選手の出場予定】

2021年5月24日~5月29日『ヴィーナスシリーズ第5戦 松茂町ほか2町53周年』(鳴門)
https://www.boatrace.jp/owpc/pc/race/assen?jcd=14&hd=20210524

2021年6月3日~6月8日『桃咲まゆ杯~ほぼ女子戦~』(唐津)
https://www.boatrace.jp/owpc/pc/race/assen?jcd=23&hd=20210603

2021年6月13日~6月18日『G3第8回ウエスタンヤング』(宮島)
https://www.boatrace.jp/owpc/pc/race/assen?jcd=17&hd=20210613

2021年6月25日~2021年6月30日『ランドパワー杯争奪 ヴィーナスシリーズ第6戦』(蒲郡)
https://www.boatrace.jp/owpc/pc/race/assen?jcd=07&hd=20210625

関連リンク

  • 5/21 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます