好きだからやったのに…逆効果だった女性へのアピール9パターン

気になる女性に自分の存在を知ってもらいたくて、小学生レベルのイミフな方法でアピールしてしまう人は意外と多いもの。空振りしたくなければ、女性に不評なアプローチとはどんなものなのか、知っておいたほうがよさそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「好きだからやったのに…逆効果だった女性へのアピール」をご紹介します。

【1】とにかくLINEやメールを送りまくる
「単純に友達が少なくて暇なのかなと…」(20代女性)というように、相手の気持ちがこちらに向いていない段階でメッセージを送りまくるパターンです。当然ですが、女性の反応を見ながら頻度や長さを適宜調節していきたいものです。

【2】忙しい自慢や病んでる発言で気を引こうとする
「じゃあ、恋愛してる場合じゃないのかなって思うよね」(20代女性)というように、忙しかったり体が弱っていたりすることをいちいち強調するパターンです。言葉通りに受け取られてダメな人扱いされる可能性もあるので、やりすぎには注意しましょう。

【3】会うたびに言葉の限りを尽くして容姿を褒めまくる
「美人なら褒められ慣れてるし、そうじゃなければ下心しか感じられない」(20代女性)というように、ルックスばかりを褒めちぎってしまうパターンです。容姿そのものより髪型やネイルやファッションなど、その人のこだわりに言及してあげたほうが喜ばれるでしょう。

【4】酔った勢いで電話やメールをする
「連絡を寄越してきたと思ったら、だいたい酔ってて話にならない」(20代女性)というように、酔った勢いでしか連絡できないパターンです。こんな状況下では告白に持ち込んでも相手にされないので、普段からまともな連絡を心がけましょう。

【5】聞かれるままに過去の恋愛遍歴を洗いざらい話す
「なんでも赤裸々に打ち明けられると、もはや恋愛対象じゃなくなる」(20代女性)というように、過去の恋バナをぶっちゃけすぎてしまうパターンです。過去の恋愛を聞かれたとしても、多少はミステリアスな部分を残しておいたほうが、その後は有利に展開できそうです。

【6】相手の欠点を指摘して説教してしまう
「おっさんに多いんだけど、本心から『良かれ』と思ってるところが逆にウザい」(20代女性)というように、頼り甲斐アピールを間違えて煙たい存在になってしまうパターンです。有効なシーンがないわけではありませんが、最後の手段として取っておきましょう。

【7】真摯に相談にのり、ガチな回答をしてしまう
「具体的なアドバイスとかいらないし」(10代女性)というように、悩みごとに対して現実的なアドバイスしてしまうパターンです。「ただ話を聞いてほしいだけ」の女性は多いので、「どうしたらいい?」をまともに受け取らないよう注意しましょう。

【8】少しでも笑いをとろうと自虐ネタを披露する
「最初は面白いけどだんだん魅力がなくなっていく」(20代女性)というように、自虐ネタをくり出しすぎて恋愛ムードから遠ざかるパターンです。たまにはカッコいいところが見せられるよう、自分の得意分野にどうにかして引きずりこみましょう。

【9】相手の負担にならないよう、チャラっぽく「好き」「付き合って」を乱発する
「まったく本気度が伝わらず、遊びとしか思えない」(20代女性)というように、軽いノリで告白してしまうパターンです。相手の気を引く最初のジャブとしては良いかもしれませんが、そこからは真面目に応対したほうが良いかもしれません。

いかがでしょうか。もし間違ったアピールに心当たりがあるなら、今からでも軌道修正を試みましょう。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/21 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます