コロナ続出のリーベル・プレートが歴史的勝利…ベンチに選手0人、GKには負傷中のMF

拡大画像を見る

 19日、南米No.1クラブを決める「コパ・リベルタドーレス」グループD第5節でリーベル・プレート(アルゼンチン)とサンタフェ(コロンビア)が対戦した。

 同試合をホームで迎えたリーベル・プレートは、前日までにGK4人を含む20人の選手が新型コロナウイルスに感染。この結果、サンタフェ戦に出場できるGKが1人もいなくなり、また試合に出場可能なフィールドプレーヤーも10人しか残されていない緊急事態に。この状況を受け、リーベル・プレートは特例で選手の追加登録を要請するも、南米サッカー連盟に却下されていた。

 すると、リーベル・プレートのガジャルド監督は負傷していたMFエンソ・ペレスをGKに起用。加えて10人のフィールドプレーヤーがピッチに立ち、ベンチには1人の選手もいない状況でサンタフェ戦を迎えた。

 そして試合の結果は、2-1でリーベル・プレートが勝利。苦しい状況下で、歴史的な勝利を収めている。

関連リンク

  • 5/20 13:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます