小泉孝太郎“冬彦”ら、中山美穂“管理官”の指揮のもと人気漫画家の行方を追う

拡大画像を見る

小泉孝太郎主演の金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON5』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第4話が5月21日に放送される。

本作は、警察小説・時代小説を多く生み出した作家・富樫倫太郎の「生活安全課0係」シリーズをドラマ化した作品のシーズン5。厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署の「なんでも相談室」通称ゼロ係を舞台に、“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦(小泉)と、“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の“迷コンビ”はもちろん、毒舌の事務員・本条靖子(安達祐実)、岩手訛りが抜けない、ゆとり世代の巡査・太田文平(戸塚純貴)、ムードメーカーだが酒乱の係長・横山建夫(片岡鶴太郎)というお馴染みのメンバーと、今シーズンから「なんでも相談室」に加わったスイーツ大好き・大林夏彦(石田明・NON STYLE)の個性的な面々が、さまざまな難事件を解決していく姿を描いていく。

第3話には、ゲスト出演者として安藤美姫がフィギュアスケーターの逢沢莉穂役で登場。劇中で華麗なスケーティングを披露したほか、事件のキーとなる重要な役どころを演じた。

<第4話あらすじ>
人気漫画「怪滅の八重歯」の作者・長谷川ヒロシ(林和義)が作業部屋で血を流して倒れているところを発見される。しかし発見したアシスタントが背後から襲われ気を失っている隙に血痕を残し長谷川の姿が忽然と消えてしまう。出血の量から、冬彦(小泉)と寅三(松下)は既に亡くなっていると睨むが、その後漫画の編集部宛に「長谷川を助けたければ、30億を寄付しろ」という書類が届く。長谷川が生きているという証拠はどこにもない……。

管理官の保科玲(中山美穂)が、犯人逮捕に全力を尽くすよう捜査の指揮を執るなか、編集部へ二度目の書類が届く。それは、「怪滅の八重歯」の最終話のネームだった!

一方、なんでも相談室では事務員の本条靖子(安達)が森田陽平(天野浩成)というイケメンの自称“作家”に気に入られ、デートをすることに……。

関連リンク

  • 5/20 8:01
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます