松坂桃李&広瀬すず 互いの印象は “カードゲーム”!?吉永小百合との共演は「親孝行ができました」

拡大画像を見る

現役医師・南杏子が発表した小説を映画化した『いのちの停車場』。この作品は金沢の小さな診療所を舞台に在宅医療を通して“生”に寄り添う医師と、死に向かう患者、その家族たちが紡ぎ出す、いのちの物語。主演の吉永小百合が演じるのは「まほろば診療所」にやってきた在宅医の白石咲和子。そんな尊敬する咲和子を追って金沢にきた医大卒業生の野呂聖二役の松坂桃李と、診療所の訪問看護師・星野麻世役の広瀬すずを直撃。現場でのエピソードや役者として生きる覚悟を決めた瞬間について聞いてきた。






――まずは脚本をご覧になったときの感想からお聞かせください。


松坂「改めて命について考えさせられるきっかけになりました。人間は誰しもいつか死にますし、そういう時を迎えます。これまでは死についてちょっと遠くに感じていて。でも、この作品に出合い、脚本を読み、現場に入り、もし自分だったら……というふうに置き換えて考えるようになりました。そうしたら死というものに対しての距離が縮まったというか、より身近なものだなと思うようになったんです」


広瀬「いろんな描写がある中で、こんなにも連続して命が失われていく瞬間が描かれていることに、脚本を読んでいるだけで苦しくなりました。現場では想像以上に苦しく感じる作品になるだろうなと思ったんですが、同時に希望や未来があるとも感じていて。映像の想像がつかなかったぐらい感動というか、グッと心に突き刺さった脚本だと思いました」



――広瀬さんは松坂さんが演じた野呂聖二をどんなキャラクターととらえていましたか?


広瀬「心配になるぐらい、いい人過ぎる人物だと思いました(笑)。瞬発力で身を削ってしまうところとか、なんていい人なんだろう、こんなに一生懸命に人のために動ける人って素晴らしい人だなと思っていました」

――松坂さんは広瀬さんが演じた星野麻世を、どんなキャラクターととらえていましたか?


松坂「芯の強さがある女性だと感じていましたね。野呂のフィルターを通して見ると、なんで自分よりも年下なのに、こんなにしっかりしているんだ!というところから始まって。だんだん、その年齢差を感じさせないようになってきて、気付いたら彼女を仲間として野呂は接することができていたんです。そういう女性ですね」

――吉永さんと共演された感想をお願いいたします。


松坂「現場だと、うわ!というオーラはなくて、すごく自然にいらっしゃるんです。“おはようございます”という声で気づかされるみたいな(笑)。というぐらいナチュラルな方でした。こっちがびっくりするぐらい自然なたたずまいをしていらして。きっと咲和子先生として、現場にいらっしゃったんだと思います」

広瀬「そう、本当に軽やかな方で。空き時間にいろいろな話をしていただいたんです。ただ、スクワットをしながらお話をしたときは、突っ込んでいいのか分からなかったんです(笑)。でもスポーツの話ですとか、私生活、役作り、現場の向き合い方などについてお聞きして、とてもストイックな方だなと感じました」



――お2人は初共演となりますが、お互いの印象は?


松坂「この作品の撮影が始まる前のことなんですが、僕、甥っ子がいるんです。その甥っ子がポケモンカードを好きで。それを岡田将生に言ったら、すずちゃんに言ってくれたらしくて、すずちゃんが岡田将生伝いで僕にポケモンカードをくれたんです。そのときなんて優しくて素敵な人なんだろうという印象を持ちました。その後、別の場所でたまたまお会いして、ポケモンカードありがとうございました”と挨拶をさせていただいたんです」

広瀬「だから私的には“ポケモンカードの人”でした」

松坂「あはははは」

広瀬「私、とある事情でたくさん持っておりまして(笑)。それで朝ドラ『なつぞら』で共演していた岡田さんが “松坂桃李がポケモンカード欲しいらしいよ”と優しく言ってくださって。“それじゃあ、コレクションの中から明日持ってきます”と言ってお渡ししたんです」

松坂「それもあって現場でのすずちゃんとも、すっと役に入れた気がします。きっかけはポケモンカードなんですけどね(笑)」

広瀬「私はもともと、とても人見知りなので“松坂桃李さんだ。どうやってしゃべればいいんだろう?”と思っていました(笑)。朝ドラでお兄ちゃん役だった岡田さんととても仲良くさせていただいているんですが、その岡田さんに“次、松坂さんと共演だよ”と言ったら“めっちゃカッコイイから”と言われていたんです(笑)。そういうテンションでしゃべっていい方なのかなと勝手に思ってしまったので、あまり人見知りはしませんでした」

松坂「じゃあ、今度、岡田将生に“ありがとうございます”と言っておかなきゃ(笑)」

――「BAR STATION」ではものまねをするシーンがありました


松坂「やっぱりものまねはテイクを重ねるとつらいですね。ビートたけしさんのものまねをしたんですが、最初は新鮮さがあっていいんです。でも2回3回と続けていくと、ヤバい、どうしようという感じになってきて。西田さんのセリフで“はい、全然似てない”と切って落とされるので、どんどんへこんでくるというか(笑)。西田さんは和ませてくれるように言ってくださるんですが、もうやりたくない!となってしまいました(笑)」

広瀬「変に似てしまったり、慣れてしまったりするのも面白くないですからね」

松坂「本当に。もう恥ずかしいし、面白くなくなってしまうし、大変でした(笑)」




――この作品でたくさんの登場人物が、いろいろな形で覚悟を決める瞬間が訪れます。お2人が役者として生きていく覚悟を決めた瞬間はありますか?


松坂「僕はコレ!という作品はなく、だんだんと覚悟を決めたという感じなんですけど、きっかけとなったのは『僕たちは世界を変えることができない。』という映画。カンボジアで撮った映画で、僕自身、プライベートでも海外に行くのが初めてで。撮影もカメラがあるのか分からないぐらい小さな手持ちのカメラだったんです。当時、すごく新鮮で楽しくて。そこから映像のお芝居に興味を持ち始めたことが大きかったかもしれません。その後、いろいろな作品、監督、役者さんたちと出会って役者というお仕事にのめり込んだという感じですね」

広瀬「こんなことを言っていいのか分からないんですけど、はっきりと覚悟を決めたと思う瞬間はなくて。だから、まだ覚悟が決まってないとも言えてしまうんですけど。でも10代のとき、『anone』というドラマに出演させていただいたんです。もともと脚本家の坂元裕二さんが大好きだったんですが、『anone』の現場では、こんなに楽しい芝居があるのか!というぐらい楽しかったんです。共演者の方たちのお芝居も間近に見ることができて、とても贅沢に思えましたし、それはひとつ、自分の中で大きな出来事でした」

――まほろばには、すばらしいところという意味があります。お2人がすばらしい体験をした瞬間というと?


広瀬「私の世代で吉永さんと共演できること、たぶん、もうないだろうなって思っていて」

松坂「そうかもしれないね」

広瀬「勝手にあきらめていたというか、共演したいと思うことすらはばかられる感覚があったんです。だから、この作品が決まったとき“吉永さんと共演するよ”と言ったら家族も喜んでくれて。ある意味、親孝行ができました」

松坂「しかもこの作品、大御所の方がたくさん出てますしね」

広瀬「はい。参加できたこと自体がすばらしくうれしかったです」

松坂「僕なんか緊張しちゃって。ここだけの話、本読みに行くのも躊躇したぐらい(笑)」

広瀬「松坂さんの緊張は伝わってました。すごい顔してましたから(笑)」

松坂「僕にとってのすばらしい体験は漫画家の井上雄彦さんとお会いしたとき。以前から『SLAM DUNK』が好きで、ずっといろんなところで言っていたんです。そうしたらBUMP OF CHICKENさんと仕事をする機会があって、その打ち上げに井上雄彦さんがいらっしゃって。“桃李くん好きなんでしょ、話してきなよ”と言ってくださったんです。貴重な体験をしたんですけど、言霊が実現する瞬間を味わいました(笑)」

広瀬「そのときの緊張する松坂さんの表情が思い浮かびます」

松坂「もう緊張し過ぎてしゃべれませんしたから。あ、はい!みたいな(笑)」


――最後に映画をご覧になる方たちにメッセージをお願いいたします。


松坂「この作品にはいろいろなシチュエーションが織り込まれていますので、観る人、世代、性別によって、刺さる場所はそれぞれ違うと思います。でも、最終的に、どんな形であれ、命に対して向き合うきっかけになると信じていますので、ぜひご覧になって欲しいです」

広瀬「いろいろな形の、たくさんの色の家族の物語が詰まっています。きっとどんな方にでも共演できる部分があったり、自分と重ねて観れるところがあったりする思いますので、劇場まで足を運んで見ていただけるとうれしいです。ぜひ観てください!」



『いのちの停車場』

5月21日(金)公開

出演:吉永小百合

松坂桃李 広瀬すず

南野陽子 柳葉敏郎 小池栄子 みなみらんぼう 泉谷しげる

石田ゆり子 田中泯 西田敏行

監督:成島出  

脚本:平松恵美子  

原作:南杏子「いのちの停車場」(幻冬舎)

映画公式サイト:www.teisha-ba.jp


©2021「いのちの停車場」製作委員会  



関連リンク

  • 5/20 7:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます