エヴァンゲリオンの福袋(8800円)の中身をネタバレ大公開! 全部で10種類入りのサービス、サービスぅ!! 2021年福袋特集

拡大画像を見る

2021年1月23日に劇場版『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の公開を控えているからか、2021年のエヴァ福袋は激戦だった。オンラインストアでの販売はマッハで売り切れ、店頭で買うにしても事前予約をした上で再度エヴァンゲリオンストアに行かねばならず一筋縄ではいかなかったのだ。

だからこそゲットできたときの喜びもひとしお……だったが、まだ歓喜の歌を流すには早い。なにせ福袋。何が入っているか分からないため、中身を確認してからである!

・福袋の中身

苦労しつつもなんとかゲットできた福袋は税込8800円。去年が1万1000円だったからほんの少し安く買えるようになっていた。はたして中身はどうなっているのか、それではさっそく開封!

・2号機黒Tシャツ税抜3800円
・8号機白Tシャツ税抜3200円
・FILA 初号機カラーキャップ税抜4800円
・NERVプレート税抜1050円
・ポストカードレイ税抜200円
・携帯扇風機WFan
・初号機ベルト税込4950円
・トラベルセット(ポーチ、靴下、歯ブラシ、ハンカチ)税抜4000円
・クリアファイル(シンジ、カヲル)税抜350円
・クリアファイル(レイ、アスカ、マリ)税抜350円

※福袋なので中身が異なる可能性があります

去年の16種類よりは減ったものの、全部で10種類の大サービス。携帯扇風機WFan以外は値段が書いてあったので上記したが、それだけ組み合わせてもおよそ2万3000円と余裕で8800円の元をとっている。

・普段使いできそうなアパレル

どれも使えそうなだけにありがたいが、中でも注目したいのはアパレルである。というのも……

去年のものはパンチが強すぎて「(僕を)笑えばいいと思うよ」的な見た目になったのを覚えているのだ。着こなすには難易度が高かったというか何というか。しかし……

その点、今年はシンプルで……

よい!

普段使いできそうである。私は絶望的にキャップが似合わないのでそこだけ未練が残ったが、多くの人にとっては満足のいく中身ではないだろうか。

実際キャップをかぶると……

案の定、似合わず。加えてそこはかとなく競馬場にいそうな雰囲気になったが、昨年よりは街の中に溶け込めるのではないかと思っている。トータルでいうと十分にお得だったエヴァの福袋。今年はもう入手困難だと思われるが、来年の参考になれば幸いだ。

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ! → 「2021年福袋特集」

関連リンク

  • 1/3 16:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます